ホーストカップ オフィシャルウェブサイト Hoost Cup The Official Website

KINGS WEST2〜浪速の乱〜

Hoost Cup »

試合結果 »

2015.11.29 KINGS WEST2〜浪速の乱〜

HoostCup KINGS WEST2

【ダブルメインイベント第12試合】65kg級3分3R(延長1R)

裕樹

ANCHOR-GYM

RISE ライト級王者

ユーリー・スマンス

オランダ/HemesGym

FIBA世界王者

戦績:49戦35勝12敗2分

判定 2-0 (29:28)(29:29)(29:28)

RISE2階級王者裕樹が地元関西での参戦を希望し、ホースト推薦の海外選手との対戦が実現した今回のカード。

1R目早々から、前蹴り、ショートパンチからヒザ蹴りとヘーマスジムらしく、ラモンデッカー張りのコンビネーションで畳みかけるユーリー・スマンス。 固いガードでブロックしローキックのタイミングを見計らう裕樹。互いに距離が詰まり、ユーリーのクリンチが目立つ。 レフェリーの注意の離れ際にパンチを打ち込みラフファイトが少し目立つ。
2Rから裕樹のローキックのタイミングが合いはじめ、嫌がりながら強烈なパンチを早い回転で打ち込むユーリー。 時折顎をまともにかすめひやっとするも裕樹がローを最後において来る。またもやクリンチによる注意を再三受け、やりにくいユーリー。 あまりにクリンチの多いユーリーにホーストもコーナーに近づき注意をする。
3R目に入りスタミナの切れたユーリーに裕樹がローキックからパンチを合わせ始める。しかし時折かすめるハイキックやパンチの強打に予断をゆるさないー。

左右の裕樹のローに足を引きずり始めるユーリーにラストスパートでパンチのラッシュで畳みかけた裕樹に軍配があがる。 1Rこそホースト推薦にふさわしくヒヤッとする攻撃力でユーリーがとったが、じわじわとローで追い込み最終で畳みかけた裕樹の勝利。 RISE王者の面目を保つ。ユーリーもホースト推薦としての健闘が光り次回来日が期待される。

JOURY(ユーリー)は、ホースト推薦選手で、FIBA世界王者の肩書を持つ。オーソドックススタイルの、オランダコンビネーションを得意とするファイターだ。 更に、オランダの名将コー・ヘーマスの子息でラモン・デッカーの兄弟でもある、ニック・ヘーマス会長の愛弟子だけに強豪選手である。
そんな選手が対戦相手となった裕樹選手だが、地元関西の大会だけにぜひ勝ち星をあげたいところ。

ラズ・セルキシアン、ヨアンナ、ジャマイマのようにユーリーが鮮烈な日本デビューを飾るか、それとも裕樹が地元関西で実力を発揮するか、激闘必至の勝負である!

【ダブルメインイベント第11試合】63.6kg契約 EXルール3分5R

ヤスユキ

Dropout

REBELS MuayThai
スーパーフェザー級王者

ゴンナパー・ウィラサクレック

タイ/WSRフェアテックス

WPMF世界スーパーライト級王者

判定 0-3 (48:50)(47:50)(48:50)

当初決まりかけた日本人キラーとの対戦が流れたヤスユキ。
次の問いかけで真っ先に名前が挙がった、2階級上で”来日後無敗の世界王者・ゴンナパー”に挑む。
1R開始早々からヤスユキがガードを固めながらジャブを打ってプレッシャーをかける。 しかし隙間をぬって放つリターンのロー、右フック、左フックが強烈で階級の差を感じさせる。 互いの攻撃力にブロックが固くなりクリーンヒットを許さない。
2R、ヤスユキが相変わらずプレッシャーをかけセーンチャイの顔も腫らしたジャブで追う。 顔が強張るゴンナパーだが、返すリターンが強烈な音で観客がどよめく。 互いの堅いガードの隙間を縫ってパンチのコンビネーションを打ち合いヤマが動き始めるが最後にゴンナパーが技術を魅せる。
3R同様にヤスユキがプレッシャーをかけゴンナパーが下がりながらも確実な攻撃を返す展開。ヤスユキも連打をまとめ、強烈な右ハイを叩き込む。

4R、早々にゴンナパーが前に出始め左ミドルを連打しクリーンヒット。 気の強いヤスユキもパンチをまとめて当て、左フックがあごをかすめる。 しかし最後にミドル、ローをリターンをゴンナパーが返しヤスユキの体が流れる。
5R早々に飛び前蹴りでのけぞらせ、左ハイキックをクリーンヒットさせ最終ラウンドでさらに加速するゴンナパー。 ダウンを奪いたいヤスユキが負けじと前に出て回転の速いパンチで脅かす。

しかしゴンナパーがペースをあげた左ミドルに全身を止められ、さらにパンチ、ロー、ハイキックとクリーンヒットし攻勢点を守るゴンナパーの勝利。 階級の差を超えてゴンナパーにプレッシャーを与え続け健闘したヤスユキの挑戦者魂、ムエタイの意地と伝統の技術を見せたゴンナパーのハイレベルな戦いに来場者は改めてキックボクシング、ムエタイのすごさ、技術の見方を知ることになった試合であった。

REBELS王者、ヤスユキ選手の対戦相手が、”もうひとりの日本人キラー” ”次のゲーオ”WPMFスーパーライト級王者、ゴンナパー・ウィラサクレック選手に決定! 2階級差というリスクに対し、対戦を熱望したヤスユキ選手。
ゴンナパーが一蹴し次世代ゲーオとして名をはせるか、ヤスユキが葬り、さらなる高みをめざしLEGENDになるか!
この対戦には深いテーマがある。激闘必至こうご期待!

【セミファイナル第10試合】70kg級 EXルール3分3R

村井崇裕

京都野口ジム

元NKBミドル級王者

身長:183p
構え:オーソドックス
戦績:16戦12勝3敗1分
得意技:パンチ

白神武央

NJKF西日本拳之会

NJKFスーパーウェルター級1位

身長:180p
構え:サウスポー
戦績:27戦9勝15敗3分
得意技:左ミドル、ヒザ

判定 3-0 (30:28)(30:27)(29:28)
【2R 1:45】右ストレートで[白神]がダウン

9月のWPMFで惜敗し、NKBタイトルも失い巻き返しを図る村井、来年早々のNJKFタイトルマッチに向け負けられない同階級関西トップ選手同士、気合の入った入場。
1R、白神が隙の無い構えからプレッシャーかけ攻勢を図る。対する村井は下がりながらも右ミドルを繰り出し終盤にパンチの連打をまとめる。
2R、相変わらず強いプレッシャーの白神が攻勢に前に出て村井が下がりながら機をうかがう展開。

ラウンド中盤、体勢が流れた隙を突いて村井の右ストレートが白神の側面にクリーンヒット、ダウンを奪う。

立ち上がるもダメージの見える白神だが巻き返しに前に出、激しい打ち合いが交差し、今度は白神のバックブローに村井の腰が落ちる。 追い打ちをかけるが逃げ切る村井。セコンドの激しい激がとび会場も盛り上がる。
3R、ダウンの挽回にさらにプレッシャーをかけパンチ、ヒジを繰り出す白神。村井は避けるように足を使って逃げるが、隙間をぬって時折破壊力のある強打でのけぞらせる。 さらに白神がバックブロー、ヒジを叩き込み前に出、また村井が足を使い返す展開でゴング。
ダウンポイントが大きく作用し村井の判定勝利。

先日のBON大会でWPMFタイトルに一歩及ばずであった、元NKBミドル級王者、ホーストカップ参戦の村井崇裕(京都野口ジム)が再びタイトルをめざし、西日本のベテランNJKFトップランカー白神武央に挑む!
白神はタイトルマッチ経験者で長身のサウスポー。左ミドル、ヒザを得意とし、WBCムエタイ、NJKFの名王者、宮越宗一郎、健太、YETI達郎らと激戦を繰り広げた歴戦の雄であり、戦績だけでは判断できない強さを持つー。
這い上がりたい、元王者村井に白神が歴戦の洗礼をあびせるか!
関西のトップコンテンダー同士の軽重量ならではのスピードとパワーあふれる迫力一戦!激闘必至!こうご期待!

【第9試合】60kg級 EXルール3分3R

北野克樹

誠至会

NJKFスーパーフェザー級3位

構え:オーソドックス

高橋一眞

真門ジム

NKBフェザー級1位

構え:オーソドックス

判定 0-2 (28:29)(29:29)(29:30)

関係者注目の、NKBの次世代ホープとNJKFの次世代エース。今後それぞれの団体でタイトルを獲るであろう、トップランカー同士の対決に注目!

【第8試合】61kg契約3分3R

半田喜蓮

誠至会

NJKFライト級1位

身長:175p
構え:オーソドックス
戦績:10戦6勝3敗1分(3KO)

辻出優翔

京賀塾

元DEEP☆KICK60Kg王者

身長:177p
構え:オーソドックス
戦績:20戦11勝8敗1分

判定 0-2 (29:29)(29:30)(29:30)

同世代のトップランカー同士、西日本のファン、関係者が楽しみなカード!
半田喜蓮は、デビュー当初からスピードあふれる蹴りを中心にセンスあふれる闘いで期待され、いまやNJKFライト級1位のトップコンテンダー!一時の波を乗り越え、3回目となるホーストカップ参戦!
対する辻出優翔は、過去にもチャクリキ協会ベルト、DEEP☆KICKのベルトを獲得したキャリアを持つ、今や西日本を代表する同クラスの全国区でもトップクラスのファイターと言える、ホーストカップ常連選手。
いつ対戦するかファン、関係者が待ち望むなか今回の対戦が決定。SPIRITシリーズでは間違いなくメインイベントクラスのカードである。
激闘必至、乞うご期待!

【第7試合】55kg級3分3R

KING強介

ロイヤルキングス

身長:163p
構え:オーソドックス

ウィサンレック・MEIBUKAI

MEIBUKAI

元ルンピニースタジアム
フライ・バンタム級王者

身長:159p
構え:オーソドックス
戦績:300戦250勝50敗
得意技:ヒジ

判定 0-3 (29:30)(27:30)(28:30)

ウィサンレックはタイの名門、セーンモラコットジム出身のムエタイの殿堂ルンピニー・スタジアム2階級王者! 4月の蹴拳で日本の王者野呂裕貴をKOで破り日本人には格の違いを見せている。日本に拠点を移して初めての試合となるー。
対するKING強介は、今年7月のMAスーパーバンタム級王座決定戦では惜敗したものの、階級、相手にひるまず挑戦し続ける、近く国内ベルトを巻くであろう関西の実力者であるー。
誰にも後ろを見せないチャレンジャー、KING強介が、元ルンピニー2階級王者に挑む!ウィサンレックが存在をアピールするか、KINGがキャリアを食うか、目の離せない一戦!

【第6試合】54kg契約2分3R

谷山佳菜子

正道会館

J-GIRLS-53Kg JAPAN QEEN王者

J-GIRLSバンタム級3位

極真会館主催・世界女子空手道選手権大会軽量級(-55kg)二連覇

身長:164 p
構え:オーソドックス
戦績:14戦11勝3敗
得意技:前蹴り

小田巻洋子

WSRフェアテックス

J-GIRLSバンタム級1位

2011J-NETWORK全国アマチュア
−50kg優勝

身長:163p
構え:オーソドックス
戦績:14戦9勝5敗
得意技:ミドル

判定 3-0 (30:26)(30:26)(30:26)
【3R 0:36】右ストレートで[小田巻]がダウン

谷山はホーストカップの常連選手で、極真女子世界王者にもなった正道会館の空手をルーツに持つ。2011年、J-GIRLS-53Kg JAPANQEENになった実力者。 普段は看護師を生業とし、正道カラテの修行の一環としてキックルールに挑戦し続ける女子空手家である。
対する小田巻洋子は、数多くのチャンピオンを介するウィラサクレックフェアテックスジム池袋支部所属のJ-GIRLSバンタム級1位という実績を誇る実力者。 2011年にアマチュアの全国大会で優勝し、戦績を重ね、陣内まどかの持つ日本タイトルには一歩及ばずであったがその後も勝利を重ね国内トップ前線に名をあげている。
実力者谷山に勝って小田巻が文句なしのトップ前線に入るか、谷山が退け再び国内トップから世界の強豪に向かうか!
美女キックボクサー実力者同士の激闘必至、乞うご期待!

【第5試合】62kg契約3分3R

MO刃KI

RKS二刃会

MAスーパーライト級6位

構え:サウスポー
戦績:33戦14勝15敗4分
得意技:右のパンチ

どん冷え貴也

Dropput

判定 2-1 (30:29)(29:30)(30:29)

MO刃KIは地元大阪、MAスーパーフェザー級6位の実力者。どん冷え貴也はREVELS王者ヤスユキのパートナーをつとめ実力上昇中、このところ連勝の続く若手選手。

最近自分の道場を持ったMO刃Kiは勝ちたいところ。MO刃KIが実力の差を見せるか、どん冷えがキャリアを頂くか、激闘必死、こうご期待!

【第4試合】58kg契約3分3R

TARO

月心会

西日本統一フェアー級王者

身長:173p
構え:オーソドックス
戦績:31戦17勝11敗3分

マン☆五郎

大和ジム

NJKFフェザー級5位

判定 ドロー1-0 (30:29)(29:29)(30:30)

TAROはホーストカップ参戦4回目となる。3月京都大会ではHIRφKIに勝利し名を挙げたが、その後2連敗と脱却したいところ。対するマン☆五郎もNJKFランカーの意地をみせたい。

フェザー級実力者同士のぶつかりあい。再び再浮上はどちらか!

【第3試合】60kg級3分3R

RYUKI

RKS顕修塾

MA日本Sフェザー級6位

身長:168p
構え:オーソドックス
戦績:11戦10勝1分

西元也史

京賀塾

身長:170p
構え:オーソドックス
戦績:5戦5勝
得意技:右ストレート

判定 3-0 (30:28)(30:28)(29:28)

無敗のMA日本Sフェザー級ランカー、RYUKI緊急参戦! 無敗同士の若きホープ対決は見ごたえのある試合になることでしょう!

【第2試合】85kg級3分3R

小西雅仁

正道会館

第21回正道会館全日本大会優勝

身長:178p
構え:オーソドックス
戦績:7戦5勝1敗1分
得意技:蹴り

ゴリ・セノオ

月心会

GLADIATORヘビー級王者

身長:173p
構え:オーソドックス
戦績:15戦5勝6敗4分

【3R1:02】TKO(ドクターストップ・ヒザ蹴りによりカット)
【1R 2:45】右ハイ、【2R 1:25】右ロー、【3R 0:43】右ひざで[ゴリ]がダウン

小西は今年も正道会館全日本覇者となった、顔面ありにも挑戦する空手家ファイター!空手の多彩なロー・ハイキックで確実に勝ち星を挙げている。
対するゴリは、リングネームの印象通りハンマーパンチを振るい相手をなぎ倒す、勝っても負けてもKOの見せるファイター!今回はゴリが大ファンという仮面女子のコラボ、負けられない!

空手の蹴りが勝るか、ハンマーパンチがうなるか!激闘必死、こうご期待!

【第1試合】70kg級3分3R

蓑方弘

福知山ジム

SBスーパーウェルター級6位

身長:177p
構え:オーソドックス
戦績:8戦4勝2敗2分

薮中謙佑

ANCHOR−GYM

身長:175p
構え:オーソドックス
戦績:9戦4勝4敗1分
得意技:右ストレート

判定 0-3 (28:30)(29:30)(29:30)

蓑方は年齢はもう熟練の粋だが子気味の良い動きで関西を中心に活躍する、シュートボクサー!対する薮中は今大会メインをはる裕樹選手の愛弟子、師匠と出場だけに負けられない!

軽重量級ならではのスピードとパワーあふれる試合に目が離せない!

【オープニングファイト第2試合】 59kg契約3分3R

泰良拓也

正道会館

身長:170p
構え:オーソドックス
戦績:7戦2勝5敗
得意技:キック

幸人

真樹ジムAICHI

身長:171p
構え:オーソドックス
戦績:3戦2勝1敗
得意技:パンチ

【1R 0:46】TKO(左フック) 

【オープニングファイト第1試合】55kg級3分3R

俊☆YAMATO

大和ジム

身長:166p
構え:オーソドックス
戦績:4戦1勝3敗
得意技:左ミドル

渕上眞寛

Dropout

身長:168p
構え:オーソドックス
戦績:1戦1勝

【1R 1:15】TKO(右ストレート) 

【オープニングファイト アマチュア第8試合】65kg2分2R

金田裕彦

パーべニュー

赤川陽介

心武館

判定 ドロー (0:0)
【1R 0:39】右ストレートで[金田]がダウン
【2R 1:45】パンチの連打で[赤川]がダウン

【オープニングファイト アマチュア第7試合】新空手K-2 SPECIAL FIGHT 70kg契約 2分×2R

町分元気

正道会館

城大眞

成道会

判定 (0-3)
(城に技あり1あり)

【オープニングファイト アマチュア第6試合】新空手K-3 SPECIAL FIGHT 65s契約 1分30秒×2R

中村亮太

正道会館

勝者

山口智寛

大成会館

判定 (3-0)

【オープニングファイト アマチュア第5試合】新空手K-3 SPECIAL FIGHT 52s契約 1分30秒×2R

小松原慶

大成会館

勝者

那須勇毅

KSS健生館

判定 (3-0)

【オープニングファイト アマチュア第4試合】新空手K-3 SPECIAL FIGHT 52s契約 1分30秒×2R

紀之定悠

BLACK Jr

勝者

小西晃

大成会館

判定 (3-0)

【オープニングファイト アマチュア第3試合】新空手K-4ジュニアSPECIAL FIGHT 本戦1分30秒 延長1分

木下亜輝斗

BLACK Jr

長島明澄

正援塾

勝者

判定 (0-3)

【オープニングファイト アマチュア第2試合】新空手K-4ジュニアSPECIAL FIGHT 本戦1分30秒 延長1分

山田愛良

BLACK Jr

長野華夏

KSS健生館

勝者

判定 (0-3)

【オープニングファイト アマチュア第1試合】新空手K-4ジュニアSPECIAL FIGHT 本戦1分30秒 延長1分

松井遥希

BLACK Jr

高橋莉玖

正援塾

勝者

判定 (0-2) 

大会概要

下記のリンクより、ポスターの拡大画像を保存できます

【ポスター:サイズ1600x2240】

【ポスター:サイズ800x1120】

大会名 べラジオPRESENTS HOOST CUP KINGS WEST2 〜浪速の乱〜
大会
コンセプト
単なる強さを追及するのみでなく、心・技・体そろった第二のミスターパーフェクトを輩出し、社会の模範となる強さを持った選手を輩出することが目標であります。
今大会は、地元大阪をはじめとする西日本在籍の国内のチャンピオン、トップランカー同士のホーストカップならではの団体の枠を超えたマッチメイクによる真剣勝負、これぞ格闘技という戦いから、 青少年育成を狙いとするプロ・アマの育成試合まで、充実した大会として行われます。
日時 2015年11月29日(日)開場13:00  本戦開始15:00
※本戦開始前にプロ・アマチュアのオープニングファイトがあります。
会場 エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育館)第二競技場
(〒556-0011 大阪市浪速区難波中3-4-36)
出場
予定選手
裕樹(ANCER-GYM/RISEライト級王者)
ヤスユキ(Dropout/REVERSムエタイSフェザー級王者)
マキ・ピンサヤーム(真樹ジムAICHI/MA日本フェザー級王者)
村井崇裕(京都野口ジム/元NKBミドル級王者)・辻出優翔(京賀塾/元DEEP☆KICK60Kg王者)・高橋一眞(真門ジム/NKBバンタム級1位)
北野克樹(誠至会/NJKFスーパーフェザー級3位)・半田喜蓮(誠至会/NJKFライト級5位)
TARO(月心会/西日本統一フェザー級王者)・小西雅仁(正道会館/正道会館第21回全日本王者)
ゴリ・セノオ(月心会)・MO刃KI(二刃会)・籔中謙佑(ANCHOR-GYM) ほか
主催 アーネストホーストジムJAPAN
協力 NPO法人 全日本新空手道連盟
協賛 べラジオコーポレーション株式会社(冠スポンサー)
入場料 SRS席(パンフレット付き)15,000円/RS席10,000円/S席7,000円/A席5,000円
※全席指定/500円アップとなります
チケット
発売所
チケットぴあ(Pコード830-745)
参加ジム、道場
10月17日(金)より発売
お問合せ アーネストホーストジムJAPAN
(TEL:052-936-5908 E-MAIL:info@hoostgym.jp)

Copyright © 2012- HOOSTCUP All Rights Reserved.

ページトップへ