ホーストカップ オフィシャルウェブサイト Hoost Cup The Official Website

ニュース

Hoost Cup »

HoostCup ニュース »

10,18QP PRESENTS HOOST CUP KINGS OSAKA5 試合レポート「HOOST CUP日本フェザー級王座決定戦FINAL 國枝悠太VS泰良拓也」

2020年10月23日

10,18QP PRESENTS HOOST CUP KINGS OSAKA5 試合レポート「HOOST CUP日本フェザー級王座決定戦FINAL 國枝悠太VS泰良拓也」

2020、10,18
QP PRESENTS HOOST CUP KINGS OSAKA5
エディオンアリーナ大阪大会

<ダブルセミファイナル第5試合HOOST CUP日本フェザー級王座決定戦トーナメント決勝3分3R(延長2R)>

國枝悠太(二刃会/MA日本フェザー級3位) VS 泰良拓也(PFP/RISEフェザー級8位)

勝者:泰良TKO:1R2分50秒右ストレート 深刻なダウンによりレフェリーストップ

 

DAY FIGHTで行われたHOOST CUP日本フェザー級王座決定戦1回戦にてヘンリー・セハスを破り進出した國枝と、泉丈成を破り進出した泰良拓也が決勝で激突、昨年大阪大会で両選手が対戦しており、泰良が判定勝利しており決勝でのリベンジを熱望していた國枝の望むカードとなった。お互い顔に傷が見られ1回戦の激闘を物語る。序盤ローの蹴り合いから探るように始まるが、國枝が打ち合いをけしかけ、泰良がカウンター気味に右をクリーンヒットするとさらに國枝のパンチラッシュがヒートアップ。」泰良のガードを縫うようにヒットする。ガードしながら冷静に返す泰良。ラスト30秒のコールで激しい打ち合いがはじまりやや國枝が押し気味であったがラスト10秒の拍子木の合図に泰良が左ミドル、テンカオを当て、國枝がやや体勢が流れたところに右クロスがクリーンヒットでダウン。立ちあがるも足がふらつき危険と判断したレフェリーがストップをかけ泰良の勝利、HOOST CUP日本フェザー級王者となる。

今大会のトーナメントでの國枝の活躍も光る一戦であった。

カテゴリ:試合情報|日時:2020年10月23日19:37|

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月間アーカイブ

Copyright © 2012- HOOSTCUP All Rights Reserved.

ページトップへ