ホーストカップ オフィシャルウェブサイト Hoost Cup The Official Website

ニュース

Hoost Cup »

HoostCup ニュース »

10,18QP PRESENTS HOOST CUP KINGS OSAKA5試合レポート「HOOST CUP日本フェザー級王座決定戦1回戦 ヘンリー・セハスVS國枝悠太」

2020年10月23日

10,18QP PRESENTS HOOST CUP KINGS OSAKA5試合レポート「HOOST CUP日本フェザー級王座決定戦1回戦 ヘンリー・セハスVS國枝悠太」

2020、10,18
QP PRESENTS HOOST CUP KINGS OSAKA5
エディオンアリーナ大阪大会
試合レポート

<第6試合HOOST CUP日本フェザー級王座決定戦トーナメント1回戦3分3R(延長1R)>

ヘンリー・セハス(ブラジリアンタイ/ HEAT60Kg級王者)

VS國枝悠太(二刃会/MA日本フェザー級3位)

勝者:國枝TKO3R1分49秒 *ヘンリー・セハスにダウンコール→セコンドタオル投入

HETA王者、ヘンリー・セハスとMAトップランカー國枝悠太とのHOOST CUP日本フェザー級王座決定戦1回戦。開始早々、早く仕留めんばかりにヘンリーがプレッシャーをかけ強いアタックをしかける。國枝は

足を使いながらジャブで応じる。ヘンリーの左フックで國枝がぐらつくが、気の強い國枝が打ち合いを仕掛け始める。フィジカルの強いヘンリーが押し気味だが、ラスト30秒になるとさらに打ち合いが激しくなり、

國枝のフックがヘンリーのテンプルをとらえぐらつかせることに成功、体勢を立て直しながら両者激しい打ち合いが続く。2Rやや疲れのみえたヘンリーが距離を保ち冷静にコンビネーションを放つち逆に國枝がアグレッシブに前に出る展開。5分の一進一退の攻防が続く。ラウンド終盤、上段前蹴りを放ったヘンリーが着地時に足をひねり、負傷をセコンドに訴えるもこらえながらラウンド終了、3R動きの落ちたヘンリーに國枝が襲い掛かるが、ヘンリーもねばり強打を返す。しかしクリンチ時に足をひねるとたまらずヘンリーが、倒れダウンコール、セコンドからタオル投入し國枝が勝利し決勝にコマを進めた。

 

カテゴリ:試合情報|日時:2020年10月23日21:35|

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

2020年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月間アーカイブ

Copyright © 2012- HOOSTCUP All Rights Reserved.

ページトップへ