ホーストカップ オフィシャルウェブサイト Hoost Cup The Official Website

ニュース

Hoost Cup »

HoostCup ニュース »

グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA8「小川翔VS健太」レポート

2020年12月31日

グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA8「小川翔VS健太」レポート

2020,12,27

グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA8

名古屋国際会議場イベントホール

【トリプルメインイベント】日本Sライト級タイトルマッチ 3分3R(延長2R)
〇小川翔(OISHI GYM/王者/WBCムエタイ日本統一ライト級王者)
判定3-0 ※30-29、30-28、30-27
●健太(E.S.G/WBCムエタイ日本統一ウェルター級王者/元NJKFウェルター級王者)

※小川が防衛に成功

国内中量級屈指の好カードが実現。日本スーパーライト級のベルトを懸けて戦う両者はどちらも鋼の肉体を持つ強豪だ。王者・小川は2018年5月大会で麻原将平を破りベルトを獲得。強烈なローキックと、打たれても揺るがない体幹の強さとタフさで国内トップ選手と渡り合ってきた。

対する健太はボディビルダーのような筋肉がトレードマーク。ハイペースで試合をこなし、94戦のキャリアを誇るベテランだ。これまでNJKFウェルター級王者、WBCムエタイ日本統一ウェルター級王者、Krush70Kg王者を獲得し、HOOST CUPでは4冠王、ダニロ・ザノリニに勝利している実力者。

王者・小川は地元でのタイトルマッチで難敵・健太相手にベルトを守れるか。

1R、インローで先制は小川。健太もワンツーから右ローを当てる。インローに合わせて右を振る健太に小川も右を返す。健太は蹴りをキャッチしてボディへパンチ。小川のローをカットしつつ、ヒザを内側にひねるようにして受ける場面も。だが小川は構わずローを蹴り続ける。インローを受けて健太の内ももは早くも赤く腫れあがっている。

2R、小川の蹴りに合わせて健太は左フック、左ボディ。小川はガードを固めてフック、そして健太の打ち終わりにロー、強いミドルを放つ。健太はジャブを突き、アッパーなども混ぜ様々なパターンで攻めていく。健太のボディ、左フックが快音を響かせるが小川は効いたそぶりをみせず前に出ると、健太の軸足を刈るように蹴って転倒させる。

3R、変わらずローの小川に、健太は3発、4発とパンチのコンビネーション。小川の右ストレートで健太の顔が跳ね上がる場面も。近い距離で押し合うようにしながら打ち合う場面が増える。ウィービングしながら細かく連打を放つ健太に対し、小川は一発一発を強打、さらにローへつなぐ。互いに手数が一切減らないままゴング。両者とも両手を挙げてアピールした。判定は3-0で小川。健太のテクニックをローキックと強靭なフィジカルで押し切り王座防衛を果たした。

マイクを持った小川は「何とか防衛することができました。でも本当に健太選手は強くて、どんどん前に来てやりづらい感じだったので微妙な試合になってしまったんですけど、会長たちと健太選手の対策を一緒にやって来たので自信を持って戦うことができました」とコメント。

そして試合後、かつて小川に敗れベルトを失った初代王者・麻原将平がリングへ。小川の防衛成功を祝いつつ、「次の防衛戦の相手、是非自分も候補に入れてください、押忍」と挑戦者に名乗りを上げた。

カテゴリ:試合情報|日時:2020年12月31日04:14|

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月間アーカイブ

Copyright © 2012- HOOSTCUP All Rights Reserved.

ページトップへ