ホーストカップ オフィシャルウェブサイト Hoost Cup The Official Website

ニュース

Hoost Cup »

HoostCup ニュース »

グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA8「洋輔YAMATO VS蛇鬼将矢」レポート

2020年12月31日

グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA8「洋輔YAMATO VS蛇鬼将矢」レポート

2020,12,27

グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA8

名古屋国際会議場イベントホール

▼【トリプルメインイベント】EXルール68Kg契約3分3R(延長1R)68kg契約 EXルール3分3R(延長1R)
〇洋輔YAMATO(大和ジム/NJKFウェルター級王者)
判定3-0 ※30-29、30-28、30-28
●蛇鬼将矢(NKBテツジム/NKBウェルター級王者)

異なる団体の現役チャンピオン同士の対決はHOOST CUPならではの一戦。洋輔YAMATOはこれまで何度もHOOST CUPに参戦し、今年10月の大阪大会で佐野克海との王座決定戦を制しNJKFウェルター級王座を獲得。

対するはHOOST CUP初参戦の蛇鬼将矢。こちらも10月に稲葉裕哉に勝利しNKBウェルター級王者になったばかり。パンチの蛇鬼将矢、蹴りの洋輔YAMATOという対照的なスタイルの両者。王者のプライドをかけた一戦はどちらに軍配が上がるのか。

1R、互いにローを何度も交錯させる。ブラジリアンキックや掛け蹴りなど変則的なキックを見せる蛇鬼。洋輔は右ローを何度も当てる、コツコツとローを積み重ねる洋輔がプレッシャーを掛けていく。

2R、ジャブとローで攻める洋輔、速いローの4連打に会場が沸く。蛇鬼は洋輔のローに右を合わせようとする。首相撲の展開になると右のヒジも見せる蛇鬼、洋輔のジャブが何度も顔面を捉え蛇鬼は鼻から出血する。

3R、互いにジャブも前に出るのは洋輔。劣勢の蛇鬼は逆転を狙い飛びヒザから前に出てロープに詰める。しかし洋輔は前に出てくる蛇鬼をさばきながらロー、パンチ当てる。さらに左右フックからボディのコンビネーション。蛇鬼はバックブローや大振りの右を放つが洋輔のボディから返しの右フックをもらい棒立ちとなる場面も。判定は3-0で洋輔。確かな技術を見せた洋輔が現役王者対決を制した。

カテゴリ:試合情報|日時:2020年12月31日04:19|

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月間アーカイブ

Copyright © 2012- HOOSTCUP All Rights Reserved.

ページトップへ