ホーストカップ オフィシャルウェブサイト Hoost Cup The Official Website

ニュース

Hoost Cup »

HoostCup ニュース »

グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA8「溝口孝湖VS超弁慶」レポート

2020年12月31日

グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA8「溝口孝湖VS超弁慶」レポート

2020,12,27

グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA8

名古屋国際会議場イベントホール

▼【トリプルメインイベント】女子Sライト級タイトルマッチ 3分3R(延長1R)
〇溝口孝湖(WATANABE-GYM/王者)
判定3-0 ※30-29、30-27、30-27 
●超弁慶(ガムランナック/挑戦者/元J-GIRLS暫定フェザー級王者)
※溝口が初防衛に成功

DAY FIGHTトリプルメインの火ぶたを切る一戦目は女子重量級対決。“尾張の重戦車”の異名を持ち、パワーが持ち味の溝口は昨年5月大会でアーネスト・ホーストの愛弟子であるマーレーン・オクックスを衝撃の失神KOで下して初代女子スーパーライト級王座を戴冠。11月28日には2冠を狙いシュートボクシングのタイトルマッチにも挑戦するも判定負け。そこからわずか1カ月で今度は自身の持つベルトを賭けた王座戦を迎える。

対するはMMA選手としてデビューしながらキックでもプロで活躍し、J-GIRLS暫定フェザー級王者にも輝いたベテラン・超弁慶。2010年から子育てのため一時期リングから遠ざかったが、現在はママさんファイターとして二足のわらじで奮闘する。

両者は2017年のHOOST CUPで対戦し溝口が判定勝利。超弁慶が再戦を熱望しリベンジマッチが実現した。

笑顔を見せる超弁慶に対し、溝口は気迫ただよう表情。
1R、前蹴りの溝口に右オーバーハンドは超弁慶。顔面前蹴りから左右のコンビネーションへつなぐ溝口に対し、超弁慶はガードを固めて突進し右フックも押し込むことが多くホールディングで注意1が与えられる。溝口は遠くから前蹴り、右ストレートを徹底し、近距離からはボディやテンカオも見せ多彩な攻撃で圧倒する。

2R、気合の声を発しながらパンチを振るっていく超弁慶。溝口はリーチを生かした右ストレート、ワンツーを当てるが、超弁慶はひるまず前へ出てくる。バックブローの溝口に、超弁慶も後ろ回し蹴りを見せる。

3R、溝口の右ストレートが何度も超弁慶の顔面を捉える。超弁慶はホールディングにより再び注意1。頭を下げて左を伸ばし右を思い切り振る超弁慶に溝口はアッパーも織り交ぜショートのコンビネーション。超弁慶は身長差のある溝口に倒れながら右ハイもこれは当たらず。互いに前へ出るためクリンチの展開が多くなる。最後はパンチの打ち合いとなり終了。判定は3-0で溝口。王者の貫禄を見せ超弁慶のリベンジを退けた。

カテゴリ:試合情報|日時:2020年12月31日04:21|

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月間アーカイブ

Copyright © 2012- HOOSTCUP All Rights Reserved.

ページトップへ