ホーストカップ オフィシャルウェブサイト Hoost Cup The Official Website

ニュース

Hoost Cup »

HoostCup ニュース »

3,7京都大会「アクセル王者・田淵神太試合前インタビュー!」

2021年03月04日

3,7京都大会「アクセル王者・田淵神太試合前インタビュー!」

2021,3,7
QP PRESENTS HOOST CUP KINGS KYOTO7
京都KBSホール大会

☆田淵神太選手試合前インタビュー(拳聖塾/アクセルバンタム級王者)

Q・最近、妹の涼香選手が東京(RISE)で活躍し始めたことについていかがですか?

「同じ競技者として「気にならない」と言えば嘘になりますが、涼香は涼香❗️自分は自分なので、やるべきことをしながら、自分を見失わない事が大切だと思っています。」

Q・普段兄弟ではどんな練習をしていますか?

「空手道場なので、基本や型・武具を始めとしたフルコンの稽古が中心です。グローブやキックは、師範が承認した生徒しか稽古ができないので、実は4人だけなんです。だからミットを持ち合ったり、スパーリング、時計係と協力し合いながら試合に備える感じです。」

Q・兄弟ケンカをしたりしますか?

「昔はしてあましたが、流石に今はお互いが成人なのでケンカはないですが、スパーリングて熱くなってしまうことはありますね。負けることはないですが、モロに攻撃を受けるとダメージが大きいので「この野郎❗️」ってなることはあります。」

Q・兄弟でも性格は異なる?(似ている部分も聞いてください)

「基本的には真逆な性格ですが「負けず嫌い」という点では共通していますね。学生時代で言うと、ノート等で自分は「適当」涼香は「几帳面」って感じでした。」

Q・妹には負けたくない?

「性別が違うので直接対決することはないですから「戦って負けたくない」とかは考えたことがありません。でもキックに関しては自分が先に初めてタイトルを獲得していても「田渕涼香の兄」みたいなイメージになっているのを感じることが多いので、そのイメージを覆して「田渕兄妹」と言われるようにならないといけない思いは強いです。」

Q・今回の対戦相手のHΛLについていかがですか?

「ムエタイがバックボーンの選手で、身長差もありますし、間違いなく強い選手なので侮れる相手ではないです。ただ空手界の大先輩方がムエタイと対戦して残された実績を汚すことはできないので「勝つ」ことしか考えていません。」

Q・相手が所属するoishiジムについて?

「自分でも名前を知っているジムですし、強い選手も多く所属している名門ジムだと思っていますが、ジムと対戦する訳ではなく「自分とHAL選手の一騎打ち」として、余計な事は考えないようにしています。」

Q・今大会、どんな試合のなると予想しますか?

「「空手vsムエタイ」の印象が強いのかも知れないですが、今大会のベストバウトと言われる試合をしたいですね。

HAL選手は「勝利数もKO率」も自分より上ですから簡単な相手ではないけれど、自分もダウンを奪われた経験がないので盛り上がる試合になると楽しみにしています」

Q・今大会、ファンに自分のどんなところを見てほしいですか?

「徳広師範は、普段は腰が低くて穏やかな方ですが、実は激しい性格をされています。例えば経験がなくてもSBからオファーが届くと「勉強して来い❗️」とオファーを受ける方なので、自分の8敗の内「3敗」はSBでの結果です。そういう環境で得た「諦めない心」を見て貰いたいですね。長男は陸上自衛隊員ですが「自衛隊より師範の方がキツい。」と言いますから、半端ではないです。だから「武道家としての諦めない心」は是非見て頂きたいです。」

Q・田淵神太選手の2021年の目標は?

「拳聖塾は常に「進化」する団体で、師範は連盟の役員を務めながら多忙な中でも常に研究を怠らない方です。17年も接していますが週単位で新しい稽古方法や技術を稽古に採り入れるので、この進化に乗り遅れないのは大変ですが、師範を信じて稽古すれば「進化」できるのは自分も涼香も実感しています。だから「また強くなった」と評価されるような「進化し続ける田渕神太」で居たいと思うので期待してください。」

 

 

 

 

カテゴリ:試合情報|日時:2021年03月04日17:06|

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月間アーカイブ

Copyright © 2012- HOOSTCUP All Rights Reserved.

ページトップへ