ホーストカップ オフィシャルウェブサイト Hoost Cup The Official Website

ニュース

Hoost Cup »

HoostCup ニュース »

3,7京都大会「アクセル王者・田渕神太 VS HAΛ」試合レポート!

2021年03月12日

3,7京都大会「アクセル王者・田渕神太 VS HAΛ」試合レポート!

2021,3,7
QP PRESENTS HOOST CUP KINGS KYOTO7
京都KBSホール大会

<ダブルセミファイナル第7試合55Kg契約3分3R(延長1R)>

〇  田淵神太(拳聖塾/アクセルバンタム級王者・ABWバンタム級王者)  VS  HΛL(OISHI GYM)

勝者:田渕 判定3-0(30:27)(30:28)(30:27)

*HAL 計量オーバー 200gによりグローブハンディ+1点減点スタート

前日計量でHALが200gオーバーとなり、グローブハンディ+1点減点スタートとなる。

昨年12月名古屋大会で、NJKFトップランカーの甲斐元太郎にKO勝利し勢いにのるHALが、アクセル・ABW2冠王の田渕神太に挑む一戦。長身のムエタイスタイルのHALと空手スタイルの田渕の異種格闘技的なスリリングな出足ではじまる。序盤から倒さんと強打を振るうHALだが、田渕は正面に立たず、

左右にスライドしてから細かいローをヒットさせHALのリズムを狂わせる。ジャブを連打し右の強打を狙うHALだが、田渕のガードは固く、距離を外してクリーンヒットさせない。攻撃の間ができると田渕のロー、ミドルがヒットする。HALの強いミドルも空手家の田渕には動じない。

2Rに入るとサウスポーにシフトした田渕がHALの右のパンチ、ミドルに左の蹴りと右のカウンターを合わせ始める。HALの攻撃のリズムを崩すことに成功した田渕がオーソドックスに戻してなお、パンチの攻撃を多くヒットさせはじめ、2R終盤にはワンツーで大きくぐらつかせる。

最終ラウンドに入り、挽回せんと険しい表情で一打必倒の強打を振るうHALだが、距離とタイミングをコントロールした田渕がカウンターを多くヒットさせ、打ち合いの場面になっても田渕が優位に立つ。そしてゴングが鳴り、距離とタイミングを制した“空手家”田渕の作戦勝ちと言える一戦だった。

まだ若いHALの再起にも期待―。

 

 

 

カテゴリ:試合情報|日時:2021年03月12日17:12|

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月間アーカイブ

Copyright © 2012- HOOSTCUP All Rights Reserved.

ページトップへ