ホーストカップ オフィシャルウェブサイト Hoost Cup The Official Website

ニュース

Hoost Cup »

HoostCup ニュース »

3,7京都大会「MA王者 KING剛 VS ”日本ムエタイ界の切り札”福田海斗」試合レポート!

2021年03月12日

3,7京都大会「MA王者 KING剛 VS ”日本ムエタイ界の切り札”福田海斗」試合レポート!

2021,3,7
QP PRESENTS HOOST CUP KINGS KYOTO7
京都KBSホール大会

<セミファイナル第5試合53,5Kg契約EXルール3分3R(延長1R)>

KING剛(ロイヤルキングス/MA日本バンタム級王者)  VS  福田海斗(キング・ムエ/プロムエタイ協会フライ級王者・WPMF世界フライ級王者・TRUE4Uスーパーフライ級・バンタム級王者)〇

勝者:福田 判定3-0(30:28)(30:28)(30:28)

 

大崎一貴とも延長の接戦を演じたMA王者、KING剛と、本場タイ国を主戦場とする“日本ムエタイ界の切り札”福田海斗が対戦!サウスポーのKING剛に対し、プレッシャーをかけながら前蹴り、ミドルを放つ福田。KING剛はフットワークで左右に動き、飛び込んでの左ストレート、左ボディーを狙う。福田はガードしながら攻撃の距離を冷静に図る。2Rに入り、KING剛のパンチのコンビネーションに福田がヒジを合わせて出血させる。歴戦のKING剛は出血に動ぜず、福田のプレッシャーをかわしながら反撃を伺う。

たびたびKING剛の左ストレートが顔をのけぞらせるが、福田は冷静に立て直しまたプレッシャーを強め

強いミドル、前蹴りで抑えにかかりヒジの追撃を狙う。3Rに入りやや疲れの見えたKING剛に福田がクリンチからヒジ、ヒザを叩き込むが、キャリアと身体能力の高いKING剛は耐えきり、中間距離の場面になると起死回生の左ストレート、バックハンドを振るう。しかし福田は首相撲に捕まえるとなおもKING剛のスタミナを奪う。耐えきったところでタイムアップ、福田がヒジヒザ有の国内においても頂上の実力を見せ

勝利した。HOOST CUPルールでのタイトル奪還に燃えるKING剛の復帰にも期待。

カテゴリ:試合情報|日時:2021年03月12日17:41|

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月間アーカイブ

Copyright © 2012- HOOSTCUP All Rights Reserved.

ページトップへ