ホーストカップ オフィシャルウェブサイト Hoost Cup The Official Website

ニュース

Hoost Cup »

HoostCup ニュース »

3.20京都大会・女子バンタム級王座決定戦「谷山佳菜子VS大石綾乃」試合レポート!

2016年03月26日

3.20京都大会・女子バンタム級王座決定戦「谷山佳菜子VS大石綾乃」試合レポート!

HOOST CUP女子バンタム級(53,5Kg)タイトルマッチ

<ダブルメインイベント第10試合ホーストカップルール3分3R(延長1R>

〇 谷山佳菜子( J-GIRLS -53kg Japan Queen/正道会館) VS 大石綾乃(J-GIRLSフェザー級王者・WBCムエタイ日本女子フェザー級王者/OISHI GYM)

勝者:谷山佳菜子   谷山が初代女子バンタム級王者となる。

判定3:0(30:27)(30*28)(30:28)

両者は2年前に対戦し、谷山が判定勝利を収めている。大石は久しぶりの復帰戦となるが両者ともにホーストカップ初のタイトル獲得に大きな意欲を見せての再戦。

入場、タイトルマッチセレモニーから気合十分の両者。1R開始早々からクラウチングに構えた谷山が左ミドル、右ローと仕掛ける。大石も体を左右に振ってジャブで踏み込みプレッシャーをじわじわかける。

谷山の回転が速く、大石のローがすかされ終盤から谷山がペースを取り始め、回転の速いパンチをクリーンひとさせる。おいあげるもブランクに動きずらそうな大石。2R、リズムをつかんだ谷山が足を使って距離をとり、出入りしてのパンチと蹴りのコンビネーションを当てる。大石も反撃するが谷山が速さで上回り最後に技を置いて印象付ける。谷山ペースに大石も上段前蹴り、ローを当てて追い上げる。

3R、谷山が離れてから左ストレート、前蹴りでステップインし、コンビネーションをまとめるが大石も反撃し両者激しい打ち合いが続く。スピードで勝る谷山が打ち勝っている印象を与えるが、大石も必死の表情で反撃を狙いあきらめない攻防にタイトルマッチならではの激しい試合に場内がわく。最後に技をまとめて印象づけた谷山の判定勝利、ホーストカップ初のタイトルは谷山のものとなりエグゼグテイブプロデユーサーのアーネスト・ホースト氏よりチャンピョンベルトが巻かれた。ブランク後も実力をアピールした大石の次戦に期待!

 

IMG_1079 IMG_6037 IMG_6042 IMG_6050 IMG_6058

 

カテゴリ:試合情報|日時:2016年03月26日01:09|

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月間アーカイブ

Copyright © 2012- HOOSTCUP All Rights Reserved.

ページトップへ