ホーストカップ オフィシャルウェブサイト Hoost Cup The Official Website

ニュース

Hoost Cup »

HoostCup ニュース »

2,25京都大会・WPMF日本Sウェルター級王者”京都の英雄”村井崇裕試合前インタビュー!

2018年02月14日

2,25京都大会・WPMF日本Sウェルター級王者”京都の英雄”村井崇裕試合前インタビュー!

HOOST CUP KINGS KYOTO4~闘志伝承~

2018、2,25   京都KBSホール大会

久々の復帰戦で、WPMF日本Sウェルター級の防衛戦と、HOOST CUP日本EXミドル級タイトルを懸けて、チューチャイ・ハーデスワークアウトジム選手と対戦する

”京都の英雄”村井崇裕選手の試合前インタビューです。

Q・今後の進退を賭けた、HOOST CUP KINGS KYOTO4出場の抱負(*長期休養から今回、参戦を決めた理由など)

「身体の調子が悪く、キックボクシングから少し離れて引退も考えましたが、応援していただいている方やジム、そして自分自身にケジメをつけたかったので、復帰を決意しました。」

Q・デビューしてから今までのキックボクシング人生を振り返って(キックボクシングと出会ってよかったこと)

「心身ともに強くなったのはもちろんありますが、キックボクシングを通してたくさんの人に出会って応援していただいているので、そういったご縁が一番の宝物かなと思います。」

Q・今までのHOOST CUPでの試合を振り返って印象のある試合は?

「最初の京都大会のメインで対戦した山本バッファ選手との試合です。あの試合をキッカケに応援していただく方が増えたので、印象に残っています。 」

Q・ケガにより長期休養で思ったこと

「引退も考えたので、生活の中で目標がなくなりました。自分の人生にキックボクシングがないっていうのは考えられないと再認識しました。 」

Q・練習は順調ですか?

「順調です!」

Q・ご結婚されたそうですが、環境、心境の変化はありますか?(キック、仕事などに)

「 家族には迷惑とか心配は山ほどかけてますけど、応援はしてくれていますし、守るべきものができたというのが、ぼくを強くしてくれる理由かなと思います。 」

Q・奥さんはどんな方ですか? 優しくて芯が強い、ぼくにないものを持っている人です。

Q・村井崇裕選手にとって野口ジム・野口会長とは

「野口ジムに入ってないとチャンピオンになれていないと思うので、ぼくのキックボクシング人生はここなしでは考えられない、そんな場所です。会長はキックボクシングや選手への情熱が人一倍ある方なので尊敬しています。」

Q・今回、WPMF日本Sウェルター級タイトル防衛戦の対戦相手にチューチャイ・ハーデスワークアウトジムを希望した理由について

「前回負けはしましたけど、自分としては負けたという気持ちはないので、しっかり勝ち負けはっきりさせたいです。」

Q・村井選手からみてチューチャイ選手の印象(過去の試合時のとき・ほかの試合をみて)

「 相手のいいところを出させない選手。」

Q・試合展開の予想、自分からみた勝算は?

「相手のペースに巻き込まれるとおもしろくない試合になるので、自分のペースで一方的に勝ちたいです。負けるイメージは全くありません。」

Q・今回の試合で伝えたいところ。みてほしいところ

「泣いても笑ってもこれが最後なので、勝ちにこだわる姿勢を見てほしいです。 」

Q・チャンピオンを目指す後進の選手へのメッセージ

「えらそうに言えるような選手ではないですが、選手でいられる期間は限られているので、どうせやるなら高い目標持って練習でも試合でもその一瞬を大事にしてほしいと思います。 」

Q・ファンへのメッセージ

「ラストマッチですが、全力でベルトを獲りにいくので、瞬きせんと見てください。」

 

最後の勝負に挑む、村井崇裕選手に熱い応援をおねがいいたします!

 

 

カテゴリ:試合情報|日時:2018年02月14日16:27|

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Copyright © 2012- HOOSTCUP All Rights Reserved.

ページトップへ