ホーストカップ オフィシャルウェブサイト Hoost Cup The Official Website

ニュース

Hoost Cup »

HoostCup ニュース »

5,20名古屋大会・HOOST CUP日本Sライト級タイトルマッチ「麻原将平VS小川翔」

2018年05月27日

5,20名古屋大会・HOOST CUP日本Sライト級タイトルマッチ「麻原将平VS小川翔」

グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA4

2018、5,20 名古屋国際会議場イベントホール大会

<トリプルメインイベント第11試合HOOST CUP日本Sライト級タイトルマッチ3分3R(延長2R)>

麻原将平(王者 /PFP)  VS   小川翔(挑戦者・WBCムエタイ日本統一ライト級王者/OISHI-GYM)

勝者:小川 判定2:0(30:28)(30:29)(29:29)*小川翔が新王者に

麻原と小川は5年前にホーストカップで初対決。その時は小川が2-1のスピリットデシジョンで薄氷の勝利を得ている。それだけに両者とも完全決着を胸に臨んだ一戦だった。最初に試合のペースを握ったのは小川の方だった。強いローキックをヒットさせ、不気味な微笑を浮かべる。麻原もワンツーやボディストレートを返していくが、試合の流れを変えるまでには至らない。  2Rになっても、フィジカルに勝る小川は右ローで麻原を削っていく。麻原は後手に回っている感が否めない。3R、もうあとがない麻原は猛然と反撃に転じるが、小川もカウンターを合わせ白熱したシーソーゲームに。右フックを軸に最後まで攻め続けた麻原だったが、ガードの固い小川を攻略するまでには至らなかった。  試合後、小川は細かい作戦は立てていなかったと打ち明けた。「ローが当たり出したので、それでいけると思った。試合中何度も微笑を浮かべたのは相手に恐怖心を与えるため。右フックを結構もらったけど、そこを気にせず行けたのが良かったと思う」  これでWBCムエタイ日本統一ライト級王座と合わせ、二冠となった小川。9月には名古屋で3つ目のベルトを狙える大一番のオファーが舞い込んでいる。(ライター:布施鋼治)

 

カテゴリ:試合情報|日時:2018年05月27日13:12|

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

Copyright © 2012- HOOSTCUP All Rights Reserved.

ページトップへ