ホーストカップ オフィシャルウェブサイト Hoost Cup The Official Website

ニュース

Hoost Cup »

HoostCup ニュース »

5,20名古屋大会「”元ムエタイルンピニー2冠王”マキ・ピンサヤームVS”ブラジル王者”ファブリシオ・ザカリアス」REPORT

2018年05月30日

5,20名古屋大会「”元ムエタイルンピニー2冠王”マキ・ピンサヤームVS”ブラジル王者”ファブリシオ・ザカリアス」REPORT

グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA4

2018、5,20 名古屋国際会議場イベントホール大会

<ダブルセミファイナル第8試合 59,5Kg契約 3分3R(延長1R)>

マキ・ピンサヤーム(元ルンピニースタジアム2冠王/真樹ジムAICHI)VSファブリシオ・ザカリアス(ブラジリアンタイBRAZIL)

勝者:マキ 判定3:0(30:29)(30:29)(30:29)

昨年年12月10日、重森陽太に連勝記録を19でストップされたマキ・ピンサヤームが5か月ぶりに再起。ファブリシオ・ザカリアス(ブラジル)を迎え撃った。ザカリアスはROAD TO GLORYブラジル王者。ピンサヤームも「危険な相手」と警戒していたが、案の定1Rは打ちつ打たれつの展開に。
しかし、2Rになると、ピンサヤームは本領を発揮。自ら攻撃を仕掛けても、次第にファブリシオが反撃できない流れに持っていく。パンチで打ち合うフリをしてノーモーションの左ハイ、ゆったりした流れの中でいきなり速射砲を打ち込むかのようにローの連打を浴びせる。
完全に制空圏を握ったピンサヤームの前にファブリシオは打つ手なし。3R終盤、ようやく反撃に転じるが、時すでに遅し。0-3の判定負けにも笑顔で納得していた。もうすぐ38歳になるピンサヤームだが、磐石の強さを見せつけた一戦だった。(ライター布施鋼治)

 

 

カテゴリ:試合情報|日時:2018年05月30日18:17|

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Copyright © 2012- HOOSTCUP All Rights Reserved.

ページトップへ