ホーストカップ オフィシャルウェブサイト Hoost Cup The Official Website

ニュース

Hoost Cup »

HoostCup ニュース »

12,23名古屋大会「元NJKF&WBCムエタイ日本統一ウェルター級王者、大和侑也VS元WMC世界フェザー級王者、タップロン・ハーデスワークアウトジム」レポート

2018年12月29日

12,23名古屋大会「元NJKF&WBCムエタイ日本統一ウェルター級王者、大和侑也VS元WMC世界フェザー級王者、タップロン・ハーデスワークアウトジム」レポート

2018,12,23
グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA5
【第10試合セミファイナル】EXルール66.5Kg契約3分3R
〇タップロン・ハーデスワークアウトジム(ハーデスワークアウトジム/元WMC世界フェザー級王者)
判定3-0 ※30-28、29-28×2
●大和侑也(大和ジム/元WBCムエタイ日本統一&NJKFウェルター級王者)

5月に真樹親太郎に判定勝利して以来、7カ月ぶりのホーストカップ参戦となる大和侑也。今回の相手は、広島在住のタイ人でこれまで鈴木博昭、水落洋祐ら名だたる強豪に勝利しているタップロン。94戦を誇るムエタイの猛者を相手に、大和は番狂わせを狙う。

1R、お互いにローキックを飛ばすが、タップロンは大和のローをしっかりとカット。 ボディストレートを当てた大和にタップロンはミドル、ハイキックを打ち込んでいく。大和がボディから右フックのコンビネーション、さらに右ストレートを当てると、タップロンも大和のローに合わせて右を当てる。

2R、大和のローにタップロンがミドルを返す。互いにローキックを中心に攻めるが、より当たっているのはタップロンのロー。大和は組んで倒そうとするがタップロンは腰が強く倒れない。

3Rもローの打ち合い。タップロンがワンツーからミドルを入れると大和が下がる。すぐに大和がワンツーを当て返すがタップロンはニヤリと笑み。このラウンドもタップロンのローが幾度もヒット。大和はパンチや組みで攻めるも今一つタップロンを崩すには至らない。試合が終わるとタップロンは両手を挙げてアピール。判定は3-0でタップロン。安定した実力を見せ大和を退けた。

カテゴリ:試合情報|日時:2018年12月29日00:07|

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

Copyright © 2012- HOOSTCUP All Rights Reserved.

ページトップへ