ホーストカップ オフィシャルウェブサイト Hoost Cup The Official Website

ニュース

Hoost Cup »

HoostCup ニュース »

12,23名古屋大会「LEGEND DNA VS HOOST CUP選抜:溝口孝湖VSマーレーン・オクックス」レポート

2018年12月29日

12,23名古屋大会「LEGEND DNA VS HOOST CUP選抜:溝口孝湖VSマーレーン・オクックス」レポート

2018,12,23
グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA5
【第6試合】HOOST CUP選抜 VS LEGEND DNA 64Kg契約3分3R
〇溝口孝湖(WATANABE GYM)
判定2-0 ※30-29×2、30-30
●マーレーン・オクックス(ホースト選抜/SOKUDO-GYM)

レジェンドDNA vs ホーストカップ選抜の対抗戦。その幕開けを飾るのはレジェンドのホーストが自信を持って送り出す女子選手・マーレーン・オクックス。迎え撃つ国内選抜はアグレッシブなファイトで“尾張の重戦車”と異名を取る溝口。

試合開始前、オクックスはホーストとガッチリハグ。1R、ゴング早々に溝口が前蹴り。オクックスも右ストレートを返す。ローからボディへつなぐ溝口に対しワンツーのオクックス。近距離での打ち合いの中、溝口の右フックがヒット。しかしオクックスもひるまず右フックを当て返す。密着しての攻防が多くなり、オクックスにホールディングで注意1が与えられる。

2R、溝口はボディを中心に攻める。オクックスはバックブローを出すもこれは不発。互いに積極的に前へ出てパンチを打つが、組み付きが多くなる。そしてストップ後に攻撃したとしてオクックスに再び注意1。

3R、セコンドのホーストが大声で指示を飛ばす中、左右フックでオクックスが前に出る。密着した状態から左右のボディ。溝口は前蹴り、フックで攻めるが距離が近すぎるため決定打が出ない。ホールディングでオクックスに警告が与えられるも、最後まで互いに前へ出て終了。判定は、ジャッジ一人がドローも残る2人は溝口を支持。尾張の重戦車・溝口がホーストの愛弟子を下して対抗戦一勝目を挙げた。

カテゴリ:試合情報|日時:2018年12月29日00:16|

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Copyright © 2012- HOOSTCUP All Rights Reserved.

ページトップへ