ホーストカップ オフィシャルウェブサイト Hoost Cup The Official Website

ニュース

Hoost Cup »

HoostCup ニュース »

3.1京都大会「MA王者・KING剛VSアクセル王者・田淵神太」試合レポート

2020年03月05日

3.1京都大会「MA王者・KING剛VSアクセル王者・田淵神太」試合レポート

2020、3,1

QP PRESENTS HOOST CUP KINGS KYOTO6

京都KBSホール大会

<トリプルセミファイナル第8試合 54Kg契約3分3R(延長1R)>

KING剛(ロイヤルキングス/MA日本バンタム級王者) VS 田淵神太(拳聖塾/アクセルバンタム級王者・ABWバンタム級王者)

勝者:KING剛 延長判定3:0 (本戦1:0)

大崎一貴と接戦を繰り広げ、実力者、國本真義に勝利したベテランMA王者、KING剛と、空手家にしてアクセル王者、田淵神太との興味深い一戦―。開始早々、田淵が軽いステップから鋭い蹴りを仕掛け、試合前コメントでも伝えた「パンチで勝負せず、蹴りで勝負する」を実行する。距離を詰めてパンチを叩き込むKING剛だが、フットワークの軽い田淵を捕まえにくい様子。終盤、KING剛がバックハンドブローをクリーンヒットさせ1R終了。2R,軽いステップからノーモーションのパンチ、キックをヒットさせる田淵だが、KINGも田淵の左の攻撃に右フックを合わせはじめ動きを止めようとする。田淵の蹴りとKINGのパンチが交差する。終盤、両者のバックハンドブローが相打ちになり田淵がぐらついたところをKINGがラッシュしゴング。

3R,フットワークを止め、回転の速い攻撃で前に出る田淵にKINGも強い攻撃を打ち返す。激しい打ち合いが続くがパンチの打ち合いになるとKINGに分が出始める。田淵も気力で打ち返しラウンド終了、1:0の判定により延長、開始と同時に打ちあう両者だが、やや疲れの出始めた田淵のパンチの振りが大きくなり、

距離をつかみはじめたKINGがパンチをまとめて3:0の延長判定勝利、6月大阪大器での滉大の保持する

HOOST CUP日本バンタム級タイトルに向けて滉大もリングイン、両選手が決意を述べた。空手との2足わらじながら、ハイレベルな技術を見せた田淵にも会場から大きな拍手が起きた。

カテゴリ:試合情報|日時:2020年03月05日22:56|

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

2020年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Copyright © 2012- HOOSTCUP All Rights Reserved.

ページトップへ