ホーストカップ オフィシャルウェブサイト Hoost Cup The Official Website

ニュース

Hoost Cup »

HoostCup ニュース »

3.1京都大会「元NJKF王者・tatsu魅VS ”ラストFIGHT” HIRΦKI」

2020年03月05日

3.1京都大会「元NJKF王者・tatsu魅VS ”ラストFIGHT” HIRΦKI」

2020、3,1

QP PRESENTS HOOST CUP KINGS KYOTO6

京都KBSホール大会

<トリプルセミファイナル第7試合 60Kg契約 3分3R(延長1R)>

tatsu魅(TEAM武心会/元NJKFフェザー級王者 )  VS  HIRφKI(Maynish KICKBOXING/元NKBフェザー級1位)

勝者:tatsu魅 判定3:0 *HIRΦKIに1Rパンチでダウン1あり

長年、NKB、REBELS、HOOST CUPのリングで京滋キックボクシングを代表する選手として活躍してきたHIRΦKI選手の、ラストFIGHTとなるこの試合、HIRΦKIの希望により、NJKF元王者のtatsu魅選手が受けて立ち対戦が実現した。開始早々、HIROKIがスピードの乗ったジャブ、右の蹴りをしかけるが、試合前コメントにある「リスペクトを持って倒す」を実行せんとプレシャーをから強い攻撃をしかけ、パンチのラッシュを逃れんと頭を下げたHIRΦKIに左フックをクリーンヒットさせtatsu魅がダウンを奪う。立ちがるHIRΦKIにtatsu魅がラッシュするが耐え忍びゴング。2R開始から仕留めようとtatsu魅がプレシャーをかけ強い攻撃を当てるが、ブランクから目が覚め打たれ慣れてきたHIRΦKIも打ち返し粘りを見せる。3R開始からもなおも強いプレシャーをかけ、左ミドル、左ストレート、左ひざを叩き込むtatsu魅だが、HIRΦKIもラストFIGHTの粘りを見せ、バランスを崩しながらも右も蹴りを繰り出し反撃し、ダメージをクリンチで逃れる。終盤、コーナーにつめてtatsu魅がラッシュし、左ストレートでHIRΦKIが腰から落ちるが最後までHIRΦKIが粘り、最終ゴングが鳴り試合終了、判定勝利でtatsu魅が勝利し、HIRΦKIのラストFIGHTをねぎらった。試合後に、HIRΦKIの同門選手、西尾会長、Dropout時代の師匠、間宮弘之元会長に見守れテンカウントゴングでみなに見送られキックボクシング人生を終えたHIRΦKI。

カテゴリ:試合情報|日時:2020年03月05日23:14|

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

2020年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Copyright © 2012- HOOSTCUP All Rights Reserved.

ページトップへ