ホーストカップ オフィシャルウェブサイト Hoost Cup The Official Website

ニュース

Hoost Cup »

HoostCup ニュース

2020年12月31日

グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA8「溝口孝湖VS超弁慶」レポート

2020,12,27

グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA8

名古屋国際会議場イベントホール

▼【トリプルメインイベント】女子Sライト級タイトルマッチ 3分3R(延長1R)
〇溝口孝湖(WATANABE-GYM/王者)
判定3-0 ※30-29、30-27、30-27 
●超弁慶(ガムランナック/挑戦者/元J-GIRLS暫定フェザー級王者)
※溝口が初防衛に成功

DAY FIGHTトリプルメインの火ぶたを切る一戦目は女子重量級対決。“尾張の重戦車”の異名を持ち、パワーが持ち味の溝口は昨年5月大会でアーネスト・ホーストの愛弟子であるマーレーン・オクックスを衝撃の失神KOで下して初代女子スーパーライト級王座を戴冠。11月28日には2冠を狙いシュートボクシングのタイトルマッチにも挑戦するも判定負け。そこからわずか1カ月で今度は自身の持つベルトを賭けた王座戦を迎える。

対するはMMA選手としてデビューしながらキックでもプロで活躍し、J-GIRLS暫定フェザー級王者にも輝いたベテラン・超弁慶。2010年から子育てのため一時期リングから遠ざかったが、現在はママさんファイターとして二足のわらじで奮闘する。

両者は2017年のHOOST CUPで対戦し溝口が判定勝利。超弁慶が再戦を熱望しリベンジマッチが実現した。

笑顔を見せる超弁慶に対し、溝口は気迫ただよう表情。
1R、前蹴りの溝口に右オーバーハンドは超弁慶。顔面前蹴りから左右のコンビネーションへつなぐ溝口に対し、超弁慶はガードを固めて突進し右フックも押し込むことが多くホールディングで注意1が与えられる。溝口は遠くから前蹴り、右ストレートを徹底し、近距離からはボディやテンカオも見せ多彩な攻撃で圧倒する。

2R、気合の声を発しながらパンチを振るっていく超弁慶。溝口はリーチを生かした右ストレート、ワンツーを当てるが、超弁慶はひるまず前へ出てくる。バックブローの溝口に、超弁慶も後ろ回し蹴りを見せる。

3R、溝口の右ストレートが何度も超弁慶の顔面を捉える。超弁慶はホールディングにより再び注意1。頭を下げて左を伸ばし右を思い切り振る超弁慶に溝口はアッパーも織り交ぜショートのコンビネーション。超弁慶は身長差のある溝口に倒れながら右ハイもこれは当たらず。互いに前へ出るためクリンチの展開が多くなる。最後はパンチの打ち合いとなり終了。判定は3-0で溝口。王者の貫禄を見せ超弁慶のリベンジを退けた。

カテゴリ:試合情報|日時:2020年12月31日04:21|

2020年12月31日

グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA8「洋輔YAMATO VS蛇鬼将矢」レポート

2020,12,27

グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA8

名古屋国際会議場イベントホール

▼【トリプルメインイベント】EXルール68Kg契約3分3R(延長1R)68kg契約 EXルール3分3R(延長1R)
〇洋輔YAMATO(大和ジム/NJKFウェルター級王者)
判定3-0 ※30-29、30-28、30-28
●蛇鬼将矢(NKBテツジム/NKBウェルター級王者)

異なる団体の現役チャンピオン同士の対決はHOOST CUPならではの一戦。洋輔YAMATOはこれまで何度もHOOST CUPに参戦し、今年10月の大阪大会で佐野克海との王座決定戦を制しNJKFウェルター級王座を獲得。

対するはHOOST CUP初参戦の蛇鬼将矢。こちらも10月に稲葉裕哉に勝利しNKBウェルター級王者になったばかり。パンチの蛇鬼将矢、蹴りの洋輔YAMATOという対照的なスタイルの両者。王者のプライドをかけた一戦はどちらに軍配が上がるのか。

1R、互いにローを何度も交錯させる。ブラジリアンキックや掛け蹴りなど変則的なキックを見せる蛇鬼。洋輔は右ローを何度も当てる、コツコツとローを積み重ねる洋輔がプレッシャーを掛けていく。

2R、ジャブとローで攻める洋輔、速いローの4連打に会場が沸く。蛇鬼は洋輔のローに右を合わせようとする。首相撲の展開になると右のヒジも見せる蛇鬼、洋輔のジャブが何度も顔面を捉え蛇鬼は鼻から出血する。

3R、互いにジャブも前に出るのは洋輔。劣勢の蛇鬼は逆転を狙い飛びヒザから前に出てロープに詰める。しかし洋輔は前に出てくる蛇鬼をさばきながらロー、パンチ当てる。さらに左右フックからボディのコンビネーション。蛇鬼はバックブローや大振りの右を放つが洋輔のボディから返しの右フックをもらい棒立ちとなる場面も。判定は3-0で洋輔。確かな技術を見せた洋輔が現役王者対決を制した。

カテゴリ:試合情報|日時:2020年12月31日04:19|

2020年12月31日

グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA8「匡志YAMATOVS小原俊之」レポート

2020,12,27

グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA8

名古屋国際会議場イベントホール

ミドル級王座戦は匡志YAMATOが勝利も王座は空位に。ウェルター級現役王者対決は洋輔YAMATOが蛇鬼将矢を下す。」

2020年12月27日(日)、『グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA 8 DAY FIGHT』が愛知県・名古屋国際会議場イベントホールにて開催された。例年外国人選手を招聘してきた今大会だが、今回は新型コロナの影響により国内在住選手のみの出場で開催。会場でも感染対策を徹底して大会が運営された。オープニングセレモニーでは土居龍晴代表による挨拶の他、アーネスト・ホーストによる日本語のビデオメッセージがスクリーンに映され「コロナの問題は世界でも大きな問題ですが、私たちはコロナの問題とファイトします。お願いします。オス!」とコロナと戦う決意が語られた。

▼【トリプルメインイベント】HOOST CUP日本EXミドル級タイトルマッチ 3分3R(延長2R)
〇匡志YAMATO(大和ジム/王者/NJKFSウェルター級王者) 
判定2-0 ※29-28、29-28、29-29 
●小原俊之(キング・ムエ/J-NETWORKミドル級3位)

※匡志YAMATOは軽量で500gオーバー。減点1、グローブハンデ(匡志10オンス、小原8オンス)の状態でスタート。

昼夜興行、昼の部のトリを飾るのはヒジありで行われるEXルールのミドル級王座戦。王者の匡志YAMATOはNJKFスーパーウェルター級王者でもあり、昨年12月大会でチューチャイ・ハーデスワークアウトジムを下してHOOST CUPのベルトを手にし二冠王となった。

対する小原俊之は国内ムエタイジムのエリート集団、福田海斗を介する「キング・ムエ」所属。183㎝の長身から繰り出されるヒザ、ヒジを武器にし、前戦では11月のREBELSで第5回Air KBZミャンマーラウェイ75kg級世界王者の渡慶次幸平を相手にヒジでTKO勝利を挙げている。

両選手は5年前の新人時代に「HOOST CUP KINGS NAGOYA」にて対戦し、小原が判定2-0で勝利。王者となった匡志はリベンジと防衛を、小原は再び勝利してベルト獲得を狙う。

1R、オーソドックスの匡志とサウスポーの小原。匡志がインローから入りミドルを蹴ると、小原は匡志のミドルをキャッチしてミドルを返す。左ミドル中心に試合を組み立てる小原に、匡志はその打ち終わりにローを返す。詰めるのは匡志、縦ヒジ、右ストレートを飛ばす。

2R、小原はミドル、匡志はローの蹴り合い。首相撲の離れ際に左の縦ヒジは小原、さらに左ストレートも飛ばし、距離が詰まると縦ヒジを狙う。匡志もジャブからロー、左ストレートを当てる。

3R、ゴングと共にすぐ前へ出る両者。小原の左ミドルに合わせてワンツーの匡志。首相撲の展開が多くなり、互いに太ももへヒザ。匡志がプレッシャーを掛けワンツー、左フックを当てるも小原はミドルを返し、縦ヒジで飛び込む。ガムシャラに前へ出る匡志に小原は押されながらも前蹴り、左ストレートを返す。判定は2-0で匡志。勝利したものの王者・匡志の体重オーバーにより王座は空位に。マイクを渡された匡志は謝罪の言葉を述べ「また1から這い上がっていきます」と勝ちながら再起を誓った。

カテゴリ:試合情報|日時:2020年12月31日04:17|

2020年12月31日

グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA8「小川翔VS健太」レポート

2020,12,27

グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA8

名古屋国際会議場イベントホール

【トリプルメインイベント】日本Sライト級タイトルマッチ 3分3R(延長2R)
〇小川翔(OISHI GYM/王者/WBCムエタイ日本統一ライト級王者)
判定3-0 ※30-29、30-28、30-27
●健太(E.S.G/WBCムエタイ日本統一ウェルター級王者/元NJKFウェルター級王者)

※小川が防衛に成功

国内中量級屈指の好カードが実現。日本スーパーライト級のベルトを懸けて戦う両者はどちらも鋼の肉体を持つ強豪だ。王者・小川は2018年5月大会で麻原将平を破りベルトを獲得。強烈なローキックと、打たれても揺るがない体幹の強さとタフさで国内トップ選手と渡り合ってきた。

対する健太はボディビルダーのような筋肉がトレードマーク。ハイペースで試合をこなし、94戦のキャリアを誇るベテランだ。これまでNJKFウェルター級王者、WBCムエタイ日本統一ウェルター級王者、Krush70Kg王者を獲得し、HOOST CUPでは4冠王、ダニロ・ザノリニに勝利している実力者。

王者・小川は地元でのタイトルマッチで難敵・健太相手にベルトを守れるか。

1R、インローで先制は小川。健太もワンツーから右ローを当てる。インローに合わせて右を振る健太に小川も右を返す。健太は蹴りをキャッチしてボディへパンチ。小川のローをカットしつつ、ヒザを内側にひねるようにして受ける場面も。だが小川は構わずローを蹴り続ける。インローを受けて健太の内ももは早くも赤く腫れあがっている。

2R、小川の蹴りに合わせて健太は左フック、左ボディ。小川はガードを固めてフック、そして健太の打ち終わりにロー、強いミドルを放つ。健太はジャブを突き、アッパーなども混ぜ様々なパターンで攻めていく。健太のボディ、左フックが快音を響かせるが小川は効いたそぶりをみせず前に出ると、健太の軸足を刈るように蹴って転倒させる。

3R、変わらずローの小川に、健太は3発、4発とパンチのコンビネーション。小川の右ストレートで健太の顔が跳ね上がる場面も。近い距離で押し合うようにしながら打ち合う場面が増える。ウィービングしながら細かく連打を放つ健太に対し、小川は一発一発を強打、さらにローへつなぐ。互いに手数が一切減らないままゴング。両者とも両手を挙げてアピールした。判定は3-0で小川。健太のテクニックをローキックと強靭なフィジカルで押し切り王座防衛を果たした。

マイクを持った小川は「何とか防衛することができました。でも本当に健太選手は強くて、どんどん前に来てやりづらい感じだったので微妙な試合になってしまったんですけど、会長たちと健太選手の対策を一緒にやって来たので自信を持って戦うことができました」とコメント。

そして試合後、かつて小川に敗れベルトを失った初代王者・麻原将平がリングへ。小川の防衛成功を祝いつつ、「次の防衛戦の相手、是非自分も候補に入れてください、押忍」と挑戦者に名乗りを上げた。

カテゴリ:試合情報|日時:2020年12月31日04:14|

2020年12月31日

グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA8「マキ・ピンサヤームVS久井淳平」レポート

2020,12,27

グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA8

名古屋国際会議場イベントホール

 

▼【トリプルメインイベント】HOOST CUP日本ライト級王座決定戦(60Kg契約3分3R延長2R)

〇マキ・ピンサヤーム(真樹ジムAICHI/元ルンピニースタジアム2冠王、元MA日本フェザー級王者)

判定3-0 ※(30-26)(30-26)(30-25)

  • 久井淳平(多田ジム/JAPAN KICK INNOVATIONスーパーフェザー級王者)

 

2カ月前に激闘を繰り広げたばかりの両者がタイトルを懸けて再戦。前王者、中嶋平八の長期間の怪我によるタイトル返上に伴い、実現した今回の一戦。マキ・ピンサヤームはムエタイの殿堂ルンピニーで2階級制覇を達成し、日本では数々の選手を破ってきた“日本人キラー”としても知られる。

 

久井淳平はJAPAN KICK INNOVATIONスーパーフェザー級王者を持ち、10月大会でピンサヤームと対戦した際は圧倒的不利な下馬評ながら、ジャブやふくらはぎを蹴るカーフキックなどでピンサヤームを苦しめ、判定で敗れながら大きな印象を残した。

 

ヒジありだった前回のEXルールとは異なり、今回はヒジなしで、クリンチからの攻撃も一回のみのワンキャッチ・ワンアタックルール。ベルトを懸けての再戦は、果たしてどのような展開となるのか。

 

1R、互いにゆったりとしたリズムから久井は前蹴り、ロー。ピンサヤームはじっくりと見ながら、強いミドル、ハイ、ストレートを飛ばす。ピンサヤームはローからボディ、フックを当てる、久井は得意のカーフキックを飛ばしつつ、ボディストレートも当てる。

 

2R、久井は右ボディや左ストレートを強振。対するピンサヤームは右ロー。久井はスイッチを繰り返しながら左右のストレートやカーフキックを当てるが、ピンサヤームはプレッシャーを強めて久井をロープに詰めインロー、さらに右フック、左ストレートとパンチもヒットさせる。

 

3R、互いにインローから、近い距離でフックの打ち合いになる。するとピンサヤームの左フックで久井がダウン。立ち上がった久井にピンサヤームは右ハイ、さらに右フックでぐらつかせて連打を浴びせる。久井もなんとか踏ん張りミドルを放つがピンサヤームは蹴り足をつかんで右ストレートで2度目のダウンを奪う。再び久井が立つとピンサヤームはもう無理に攻め込まない。久井は組みになると簡単に振りほどかれ体に力が入っていない様子。逆転を狙い打ち合いに出た久井にピンサヤームはパンチ、ハイキックを返す。試合は判定となり、2度のダウンを奪ったピンサヤームが大差で勝利。“日本人キラー”の実力を見せつけHOOST CUPのベルトを手にした。

 

 

カテゴリ:試合情報|日時:2020年12月31日04:12|

サイト内検索

2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月間アーカイブ

Copyright © 2012- HOOSTCUP All Rights Reserved.

ページトップへ