ホーストカップ オフィシャルウェブサイト Hoost Cup The Official Website

ニュース

Hoost Cup »

HoostCup ニュース

2020年03月26日

6.14大阪大会「HOOST CUP王者・内田雄大VSアクセル王者・岡崎章太」

QP PRESENTS HOOST CUP KINGS OSAKA5
2020.6.14(SUN)エディオンアリーナ大阪第二競技場
~HOOST CUPタイトルマッチ&LEGEND DNA FIGHT~

対戦カードのご案内です。

ヘビー級3分3R(延長1R)

内田雄大(TeamPeterAerts/HOOST CUP日本ヘビー級王者)VS 岡崎章太(DOT/アクセルヘビー級王者)

”なにわのアーツ”LEGENDピーター・アーツの愛弟子、内田雄大が、京都大会に続き、大阪大会に参戦、アクセル王者、岡崎章太と対戦します。

岡崎章太は、昨年5月強豪前王者、ピーターソン・シャカルに勝利しアクセルヘビー級王者となりました。過去には元J-NET WORK王者ジャイロ楠をローキックであわやというところまで追い詰めるなど、国内、西日本ヘビー級前線で活躍の選手です。国内王者を倒し、メジャー海外選手との対戦を目指す内田が差を見せ勝利するか、岡崎が攻撃力を見せ更なる高みを見せるか、一発で試合展開が変わるヘビー級だけに目の離せない一戦です! *コロナウイルスの感染拡大状況により、中止、延期をする場合がございます。最終判断5月14日~

 

 

内田雄大(TeamPeterAerts/HOOST CUP日本ヘビー級王者)

30歳  183センチ  スイッチヒッター

17戦15勝2敗

 

岡崎章太(DOT/アクセルヘビー級王者)

31歳 185センチ オーソドックス

11戦7勝4敗

 

QP PRESENTS HOOST CUP KINGS OSAKA5
2020.6.14(SUN)エディオンアリーナ大阪第二競技場
~HOOST CUPタイトルマッチ&LEGEND DNA FIGHT~

主催  :アーネストホーストジムJAPAN

TEL 052-936-5908     E:MAIL  info@hoostgym.jp

認定  :社団法人キックボクシング振興会

協賛  :株式会社QP

入場料:VIP席5万円(柵内・特別入場PASS・パンフレット付き*関係者のみ販売)

SRS席(パンフレット付き)2万円

RS席12,000円(パンフレットつき)・S席7000円・A席5000円

当日立ち見券4000円

*全席指定/当日は500円アップとなります。

チケット発売所:チケットぴあ・出場各ジム道場

大会情報:HOOST CUPオフィシャルHP http://www.hoostcup.com/

お問い合わせ:アーネストホーストジムJAPAN TEL:052-936-5908

MAIL: info@hoostgym.jP

 

 

 

 

 

カテゴリ:試合情報|日時:2020年03月26日20:43|

2020年03月19日

6月14日 QP PRESENTS HOOST CUP KINGS OSAKA5 エディオンアリーナ大阪大会開催

QP PRESENTS HOOST CUP KINGS OSAKA5
2020.6.14(SUN)エディオンアリーナ大阪第二競技場
~HOOST CUPタイトルマッチ&LEGEND DNA FIGHT~

出場予定選手
内田雄大(PeterAertsGym/HOOST CUP日本ヘビー級王者)岡崎章太(DOT/アクセルヘビー級王者)
上杉文博(究道会館/HOOST CUP日本フェザー級王者)
一刀(モンスタージャパン/挑戦者)
HOOST CUP日本バンタム級タイトルマッチ
滉大(及川道場/HOOST CUP日本バンタム級王者)
KING剛(ロイヤルキングス/挑戦者)
tatsu魅(NJKFチーム武心会/元NJKFフェザー級王者)
ほか

 

主催  :アーネストホーストジムJAPAN

TEL 052-936-5908     E:MAIL  info@hoostgym.jp

認定  :社団法人キックボクシング振興会

協賛  :株式会社QP

入場料:VIP席5万円(柵内・特別入場PASS・パンフレット付き*関係者のみ販売)

SRS席(パンフレット付き)2万円

RS席12,000円(パンフレットつき)・S席7000円・A席5000円

当日立ち見券4000円

*全席指定/当日は500円アップとなります。

チケット発売所:チケットぴあ・出場各ジム道場

大会情報:HOOST CUPオフィシャルHP http://www.hoostcup.com/

お問い合わせ:アーネストホーストジムJAPAN TEL:052-936-5908

MAIL: info@hoostgym.jP

 

 

カテゴリ:試合情報|日時:2020年03月19日20:11|

2020年03月19日

3.1京都大会 オープニングアマチュア 京滋キックボクシング振興会提供試合公式試合記録

2020、3,1

QP PRESENTS HOOST CUP KINGS KYOTO6

京都KBSホール大会

オープニングファイトで行われました、京滋キックボクシング振興会提供アマチュアワンマッチの試合結果です!

 

【京滋キックボクシング振興会提供選抜アマチュアワンマッチ】

 

<第7試合 中学生Sクラス 52Kg契約 12オンス 2分3R インターバル30秒 延長1分>

松田龍聖(大原道場) VS  乙津 陸(クロスポイント大泉)

勝者:松田 判定3:0

<第6試合.一般Aクラス  60Kg契約 12オンス 2分3Rインターバル30秒延長1分>

松井大樹 (MEIBUKAI) VS  山内歩希(及川道場)

勝者:松井 延長判定3:0 *本戦1:0

<第5試合.一般Bクラス  55Kg契約 14オンス 2分2Rインターバル30秒>

小玉義基 (Maynish Kick Boxing) VS  宮路翔真(G.O.S)

勝者:小玉 判定3:0

<第4試合 中学生Aクラス 45Kg契約 12オンス 2分2Rインターバル30秒 延長1分>

中野泰誠 (大原道場) VS  山崎天輔 (真門TeamSol)

勝者:山崎 判定3:0

<第3試合 中学生Bクラス 55Kg契約 12オンス 2分2Rインターバル30秒延長なし>

尾座原琉空 (及川道場) VS 紀之定篤哉(BLACK.Jr)

勝者:紀之定 判定3:0

<第2試合 中学生Aクラス45Kg契約12オンス 2分2Rインターバル30秒 延長1分>

城市来寿 (永田道場) VS  浦田陸翔 (楠誠会館)

勝者:城市 判定3:0

<第1試合 ジュニアAクラス37Kg契約 8オンス 2分2Rインターバル30秒 延長1分>

小福田鉄生 (ロイヤルキングス) VS  小野光力  (KOKUSI GYM)

勝者:小福田 判定3:0

京滋キックボクシング振興会様、ご協力をいただきありがとうございました。

参加協力いただきました、選手の皆様、お疲れ様でした。

 

 

カテゴリ:試合情報|日時:2020年03月19日17:01|

2020年03月05日

3.1京都大会「元NJKF王者・tatsu魅VS ”ラストFIGHT” HIRΦKI」

2020、3,1

QP PRESENTS HOOST CUP KINGS KYOTO6

京都KBSホール大会

<トリプルセミファイナル第7試合 60Kg契約 3分3R(延長1R)>

tatsu魅(TEAM武心会/元NJKFフェザー級王者 )  VS  HIRφKI(Maynish KICKBOXING/元NKBフェザー級1位)

勝者:tatsu魅 判定3:0 *HIRΦKIに1Rパンチでダウン1あり

長年、NKB、REBELS、HOOST CUPのリングで京滋キックボクシングを代表する選手として活躍してきたHIRΦKI選手の、ラストFIGHTとなるこの試合、HIRΦKIの希望により、NJKF元王者のtatsu魅選手が受けて立ち対戦が実現した。開始早々、HIROKIがスピードの乗ったジャブ、右の蹴りをしかけるが、試合前コメントにある「リスペクトを持って倒す」を実行せんとプレシャーをから強い攻撃をしかけ、パンチのラッシュを逃れんと頭を下げたHIRΦKIに左フックをクリーンヒットさせtatsu魅がダウンを奪う。立ちがるHIRΦKIにtatsu魅がラッシュするが耐え忍びゴング。2R開始から仕留めようとtatsu魅がプレシャーをかけ強い攻撃を当てるが、ブランクから目が覚め打たれ慣れてきたHIRΦKIも打ち返し粘りを見せる。3R開始からもなおも強いプレシャーをかけ、左ミドル、左ストレート、左ひざを叩き込むtatsu魅だが、HIRΦKIもラストFIGHTの粘りを見せ、バランスを崩しながらも右も蹴りを繰り出し反撃し、ダメージをクリンチで逃れる。終盤、コーナーにつめてtatsu魅がラッシュし、左ストレートでHIRΦKIが腰から落ちるが最後までHIRΦKIが粘り、最終ゴングが鳴り試合終了、判定勝利でtatsu魅が勝利し、HIRΦKIのラストFIGHTをねぎらった。試合後に、HIRΦKIの同門選手、西尾会長、Dropout時代の師匠、間宮弘之元会長に見守れテンカウントゴングでみなに見送られキックボクシング人生を終えたHIRΦKI。

カテゴリ:試合情報|日時:2020年03月05日23:14|

2020年03月05日

3.1京都大会「MA王者・KING剛VSアクセル王者・田淵神太」試合レポート

2020、3,1

QP PRESENTS HOOST CUP KINGS KYOTO6

京都KBSホール大会

<トリプルセミファイナル第8試合 54Kg契約3分3R(延長1R)>

KING剛(ロイヤルキングス/MA日本バンタム級王者) VS 田淵神太(拳聖塾/アクセルバンタム級王者・ABWバンタム級王者)

勝者:KING剛 延長判定3:0 (本戦1:0)

大崎一貴と接戦を繰り広げ、実力者、國本真義に勝利したベテランMA王者、KING剛と、空手家にしてアクセル王者、田淵神太との興味深い一戦―。開始早々、田淵が軽いステップから鋭い蹴りを仕掛け、試合前コメントでも伝えた「パンチで勝負せず、蹴りで勝負する」を実行する。距離を詰めてパンチを叩き込むKING剛だが、フットワークの軽い田淵を捕まえにくい様子。終盤、KING剛がバックハンドブローをクリーンヒットさせ1R終了。2R,軽いステップからノーモーションのパンチ、キックをヒットさせる田淵だが、KINGも田淵の左の攻撃に右フックを合わせはじめ動きを止めようとする。田淵の蹴りとKINGのパンチが交差する。終盤、両者のバックハンドブローが相打ちになり田淵がぐらついたところをKINGがラッシュしゴング。

3R,フットワークを止め、回転の速い攻撃で前に出る田淵にKINGも強い攻撃を打ち返す。激しい打ち合いが続くがパンチの打ち合いになるとKINGに分が出始める。田淵も気力で打ち返しラウンド終了、1:0の判定により延長、開始と同時に打ちあう両者だが、やや疲れの出始めた田淵のパンチの振りが大きくなり、

距離をつかみはじめたKINGがパンチをまとめて3:0の延長判定勝利、6月大阪大器での滉大の保持する

HOOST CUP日本バンタム級タイトルに向けて滉大もリングイン、両選手が決意を述べた。空手との2足わらじながら、ハイレベルな技術を見せた田淵にも会場から大きな拍手が起きた。

カテゴリ:試合情報|日時:2020年03月05日22:56|

サイト内検索

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Copyright © 2012- HOOSTCUP All Rights Reserved.

ページトップへ