ニュース

Hoost Cup »

HoostCup ニュース »

3.27 QP PRESENTS HOOST CUP KINGS KYOTO9 大会紹介文

2022年03月19日

3.27 QP PRESENTS HOOST CUP KINGS KYOTO9 大会紹介文

2022.3.27

QP PRESENTS HOOST CUP KINGS KYOTO9〜REVERSAL〜

京都KBSホール大会

 

スポーツラーター:布施鋼治さんよりの今大会の紹介文です。

”村井崇裕 VS 山本”バッファ”から渡され続けている京都大会の「激闘」というタスキ”

名古屋を拠点にスタート。その後、大阪でも定期的に興行を打つようになったホーストカップは京都とのつながりもひじょうに深い。2014年から京都大会を始め、その後コンスタントに興行を打ち続けている。
こけら落しのメインは京滋キックボクシング振興会の全面的な協力のもと、当時NKB王者に君臨していた村井崇裕とNJKFのトップランカーだった山本バッファ弘樹が拳を交わした。8年前は現在ほど団体同士の交流が密ではなかったので、この団体対抗戦は話題になったと聞く。
地元の期待に応えるように、村井は山本をハイキックでKO。地元での地位を不動のものにした。その後もご当地出身のスター選手が次々は出てきたことも、京都大会がレギュラーになったことにつながる。“爆腕”大月晴明を撃破した辻出優翔やアクセル王者として活躍した大原裕也がいい例だ。
今回も京都を拠点に活動する期待の選手たちが続々と名乗りをあげた。昨年12月、日本ミドル級の超大物である緑川創からダウンを奪った末に完勝したRYOTARO、3連勝中のホープであるRYUKIが出場する。みな地元での試合にいつにも増して闘志を燃やしているだけに、好勝負が期待できそうだ。 それだけではない。まだ新型コロナウイルス感染の余波が続き、ウクライナへのロシアの軍事侵攻でロシア回りの旅客機が飛べないという状況下で、日本を愛してやまない“Mrパーフェクト”アーネスト・ホースト、“怪童”ピーター・アーツが揃って来場することになった。今回は久しぶりに国際色豊かな大会になりそうだ。
コロナが収束に向かえば、ホーストカップは社団法人キックボクシング振興会の協力を得てついに海外進出に着手するという話も伝わってきた。いったいどこで大会を打とうと考えているのか。やるとすれば、大がかりなイベントになることは確実。正式発表を待ちたい。

スポーツライター:布施鋼治

 

カテゴリ:試合情報|日時:2022年03月19日16:34|

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

2022年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月間アーカイブ

Copyright © 2012- HOOSTCUP All Rights Reserved.

ページトップへ