ニュース

Hoost Cup »

HoostCup ニュース »

7.10名古屋大会「HOOST CUP日本ライト級王座決定戦:HIRO・YAMATO VS 平塚大士」試合レポート

2022年07月13日

7.10名古屋大会「HOOST CUP日本ライト級王座決定戦:HIRO・YAMATO VS 平塚大士」試合レポート

2022,7,10

グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA11

名古屋国際会議場大会

HOOST CUP日本ライト級(60Kg)王座決定戦 3分5R

HIRO・YAMATO(大和ジム/NJKFスーパーフェザー級王者)VS  平塚大士(チームドラゴン/RISE スーパーフェザー級4位)

マキ・ピンサヤームの王座返上により、絶好調同士の王座決定戦が組まれた。HIRO・YAMATOは去る5月2日のNJKF川崎大会で梅沢武彦を撃破してNJKFスーパーフェザー級王者になったばかり。対する平塚大士は昨年2月にYA-MANを撃破したことで知られ、その後出身地(愛知県)を拠点とするHOOST CUPに参戦すると4連勝をマーク。今回のチャンスを掴んだ。
両者は昨年昨年10月のHOOST CUP京都対決で初めて拳を交わし、平塚が勝利を収めている。1Rは平塚が左のインローを中心にHIROの下半身を削っていく展開に。HIROは右の関節蹴りで相手の突進を止めようとするものの打開策には至らない。逆に平塚は両腕で顔面をガッチリと固めながらじりじりと前に出る“平塚スタイル”で試合の主導権を掌握する。 ラウンドが進むにつれ、HIROはときおり構えをスイッチするなどダメージを隠せない。5Rになると必死に反撃を試みるも、時既に遅し。3Rと4Rに明らかにポイントをとられ、0-3の判定で敗れた。
プロになって約10年、初めてチャンピオンベルトを巻いた平塚はマイクを握ると、中学生のときに亡くなった母への感謝を口にした。「絶対ベルトを母の墓前に持っていくと心に誓っていたのでうれしい。ママ、やったよ、ありがとう」 スポーツライター:布施剛治

 

 

カテゴリ:試合情報|日時:2022年07月13日23:18|

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月間アーカイブ

Copyright © 2012- HOOSTCUP All Rights Reserved.

ページトップへ