ニュース

Hoost Cup »

HoostCup ニュース »

7.10名古屋大会「ジャイロ楠VS森謙太」試合レポート

2022年07月13日

7.10名古屋大会「ジャイロ楠VS森謙太」試合レポート

2022,7,10

グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA11

ヘビー級 3分3R(延長1R)

ジャイロ楠(元アクセルヘビー級王者・元J-NETWORKヘビー級王者/TEAM JAIRO) VS 森謙太(秀心塾)

 

当初ジャイロ楠はカルロス・ブディオと空位となったHOOST CUPヘビー級王座決定戦に臨む予定だったが、ブディオはブラジルから出国する際に出国制限にひっかかり、来日できなくなってしまった。そこで森謙太(秀心塾)とのノンタイトルマッチを行なうことに。森はかつて九州の大会でTHE MATCHにも出場したサッタリとM1ヘビー級王座を争ったことでも知られる熊本在住の重量級戦士だ。しかし急遽ピンチヒッターとしての登場だったけに調整不足は明らか。かつてプロボクサーとして活動したキャリアを持つジャイロの軽やかな連打を浴びると、ガードを固めたまま防戦一方になってしまい、そのまま立て続けに3度ダウンを奪われ1R1分3秒TKO負けを喫した。
試合後、マイクを握ったジャイロは「今回のタイトルマッチ(王座決定戦)のために2カ月間一生懸命練習したけど、相手が日本に入れなかった。(今年)12月のHOOST CUP(名古屋大会)でまたタイトルマッチをお願いします」と流暢な日本語でアピールした。次の名古屋VSは12月18日に予定されている。スポーツライター:布施剛治

 

 

カテゴリ:試合情報|日時:2022年07月13日23:22|

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月間アーカイブ

Copyright © 2012- HOOSTCUP All Rights Reserved.

ページトップへ