ニュース

Hoost Cup »

HoostCup ニュース »

7.10名古屋大会「国本真義VS山田航暉」試合レポート

2022年07月13日

7.10名古屋大会「国本真義VS山田航暉」試合レポート

2022,7,10

グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA11

名古屋国際会議場大会

EXルール 54Kg契約 3分3R(延長1R)

国本真義(MEIBUKAI/元WMCインターバンタム級王者)VS 山田航暉(キングムエ/元WMC日本フライ級王者)

 

昨年7月の大和ジム50周年記念興行では俊YAMATOを撃破した国本真義が今年4月のムエタイスーパーファイトで4年ぶりに復帰した山田航暉とEXルール(ヒジ・ヒザあり)で激突した。
2R、山田はワンツーからの左ミドルや左のテンカオ(カウンターのヒザ蹴り)を武器に国本を攻め立て試合の主導権を握る。しかし3Rになると、国本は復調し左の前蹴りを軸に反撃を試みる。
判定はジャッジ2名が29-29で延長戦へ。山田は前日タイから帰国したばかりのキングムエの佐藤孝也代表から「前に出ろ」という指示通り、前蹴りで国本の足を一瞬止めるなど試合を攻勢に進める。そして終盤になると右のテンカオやボディフックで追い打ちをかけ、試合の流れを決定づけた。判定は3名とも10-9で山田。老沼隆斗戦に続いて復帰2連勝を飾った。スーパーフライ級戦線の台風の目となるか。スポーツライター:布施剛治

 

 

カテゴリ:試合情報|日時:2022年07月13日23:35|

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月間アーカイブ

Copyright © 2012- HOOSTCUP All Rights Reserved.

ページトップへ