ニュース

Hoost Cup »

HoostCup ニュース »

QP PRESENTS HOOST CUP KINGS KYOTO10 大会紹介

2022年10月13日

QP PRESENTS HOOST CUP KINGS KYOTO10 大会紹介

2022.10.16

QP PRESENTS HOOST CUP KINGS KYOTO10

京都KBSホール大会

いよいよ10日前と近づいてきました、QP PRESENTS HOOST CUP KINGS KYOTO10

今大会の見どころと大会紹介文です!

スポーツライター布施鋼治さんよりの文章です。

当日販売の大会パンフレットにも掲載されていますので、ぜひご購入くださいませ!

 

 

 

「天心VS武尊が終わった現在、次のフェーズに入ったキックボクシング界」

「6月19日、東京ドームで行なわれたTHE MATCH2022はたくさんの名勝負を生み出した。中でも那須川天心VS武尊の大一番は那須川が武尊からダウンを奪う形で完全決着。7年に及ぶ大河ドラマに終止符を打った。

 武尊戦で那須川はキックを卒業した。たぶん来年にはプロボクサーとして第一歩を踏み出す。一方の武尊は長期休養を宣言するも、米国で練習するなど次の一手を模索している(それはキックではないかもしれない)。

 ひとつ断言できることは、キック界は次のフェーズ(局面)に突入したということだ。「天心がいなくなったリングを誰が盛り上げるのか?」が一大テーマになってくる。

 そういう意味でHOOST CUPも大きな一歩を踏み出す。今回は他団体の現役王者同士による新設の日本ウェルター級王座決定戦、スーパーフライ級王者・滉大はムエタイの強豪との試練の一戦、THE MATCHからの凱旋の山下力也の1年ごしのリベンジマッチ、目下5連勝中の京都のホープ松田龍聖と元MA王者・KING剛の新旧対決┄。それだけではない。ピーター・アーツのDNAを継ぐ双子の娘モンタナ・アーツも参戦しての国際戦も実現することになった。盛り沢山のマッチメークの中、いったい誰が飛び出すのか。

 年内はもうひとつ名古屋大会が控えているが、来年からHOOST CUPの屋台骨を支える『社団法人キックボクシング振興会』の主催大会として、東京で大きな国際大会を開く青写真を描く。この大会にはレジェンドの流れを組む選手たちも参戦する予定だ。

 東京だけではない。新型コロナウイルスの猛威も一段落した現在海外進出も計画し、水面下では着々と計画が進んでいると聞く。具現化するならば、いったいどんな大会になるのか。どこの国での開催になるのか。どんな団体と提携するのか。誰が参戦するのか。

 正式発表を待ちたい。」(スポーツライター:布施鋼治)

 

カテゴリ:試合情報|日時:2022年10月13日02:49|

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月間アーカイブ

Copyright © 2012- HOOSTCUP All Rights Reserved.

ページトップへ