ニュース

Hoost Cup »

HoostCup ニュース »

12.18名古屋大会「LEGEND DNA FIGHT サンティーノ ・ベルヴィーク VS ヴィニシウス・ディオニツィオ」試合レポート

2022年12月24日

12.18名古屋大会「LEGEND DNA FIGHT サンティーノ ・ベルヴィーク VS ヴィニシウス・ディオニツィオ」試合レポート

2022,12,18

グループエスカラデーPRESENTS  HOOST CUP KINGS NAGOYA12

名古屋国際会議場イベントホール

LEGEND DNA FGHT (ERNESTO HOOST DNA)  85Kg契約3分3R(延長1R)

サンティーノ・ヴェルビーク(SANTINO・VERBEEK/オランダSOKUDO GYM/元WFL80Kg王者)

  VS  ヴィニシウス・ディオニツィオ(ブラジル/マレーガ・タイ/FIGHT DRAGON80Kg王者)

勝者:ヴィニシアス 判定2:0(29:29)(29:28)(30:29)

 

アーネスト・ホーストの指導を受けるサンティーノ・ベルウイークが4年ぶりにHOOST CUPに降臨。日本とブラジルを行き来しながら選手を育成するダニロ・ザノリニが母国ブラジルで開催するファイトドラゴンの85㎏級王者・ヴィニシウス・ディオニシィオと激突した。1R、攻勢に出たのはサンティーノの方だった。遠い間合いからプッシュして左ストレート。さらに右ボディフックを決め、ブラジリアンの身体を一瞬泳がせる。
しかし、2Rになると、ディオニシィオはワンツーやボディブローでサンティーノを攻略。試合の主導権を奪い返す。続く3R、ディオニツィオは左右のボディフックでさらに追い打ちをかけ、サンティーノを窮地に追い込む。とどめは右ストレートでグラつかせた場面だったか。判定は2-0でディオニツィオ。弟子の勝利が確定すると、セコンドに就いていたダニロは大喜びだ。
サンティーノのセコンドだったホーストも潔く敗北を認め、相手陣営に拍手を送っていた。見ていて気持ちのいい、スポーツマンシップに則った一戦だった。

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:試合情報|日時:2022年12月24日15:22|

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト内検索

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

月間アーカイブ

Copyright © 2012- HOOSTCUP All Rights Reserved.

ページトップへ